• このエントリーをはてなブックマークに追加
「ノーフューチャー」リーダー・KM vs ミカド勢 ROUND.26「やすふぅ」(set5)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ノーフューチャー」リーダー・KM vs ミカド勢 ROUND.26「やすふぅ」(set5)

2021-11-25 12:00

     『燃えろ!!プロ野球 ホームラン競争』のプロゲーマー集団「NO FUTURE」のリーダー・KMが、さまざまなミカド勢と対談する連載企画「KMvsミカド勢」。

    c02cd54ead729e33c6c4b63d19bac311ea245379



     学生から社会人になり、あまりゲーセンへ通えなくなってしまった時代を振り返るやすふぅ。ミカドの存在を知ってからは、子供の頃に遊んでいたゲームにふたたび熱を入れるとともに、「ミカドそのもの」のファンへとなっていった経緯を語る。

    ■働く男

    KM:やすふぅさんがミカドに来られるまでの間――それこそ学生時代の頃はどんな感じのゲーム生活だったんですか?

    やすふぅ:本体を購入するのはちょっと遅かったですけど、スーパーファミコンで『グラIII』や『ストII』はよくやってましたね。その数年後、まだ『グラIII』を置いてるゲーセンを探して、ビギナーモードだけをプレイしたり。とにかくあの当時のアーケードゲームは容赦ないんで、難しくて歯が立たないんですよ。なので、ゲーセンだけで攻略するっていうことはあんまりせず、家庭用の移植と合わせて練習するんですけど、やっぱり出来がぜんぜん違うもので。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。