• このエントリーをはてなブックマークに追加
【古典小噺】 宇喜多小早川休戦譚 (醒酔笑より)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【古典小噺】 宇喜多小早川休戦譚 (醒酔笑より)

2017-05-21 22:54
    醒酔笑巻の六「推は違うた」の章より

    小早川隆景公が備中笠岡を訪れていた時の話。
    色々と因縁のある隣国備前の国主・宇喜多直家公から贈呈品として魚が送られてきた。
    魚の名は「そこにべ」、岡山名産の珍しい魚である。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。