• このエントリーをはてなブックマークに追加
■第10回 女性にとってのバイクとは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

■第10回 女性にとってのバイクとは

2014-01-26 12:00
    また風邪をひいてしまいました。今シーズンは風邪をよくひく気がします。抵抗力が弱っているのでしょうか。イソジンとトローチが手放せません。

     さて、僕は乗り物が全般的に好きです。特にバイクは16歳で自動二輪の免許を取って以来愛し続けています。ひとりで勝手気ままに出かけられて、「運転している」という感覚が強く、ある意味ではナルシスティックな面が良いのです。

     高校生のころは、電車で通学していましたし、はっきり言ってしまえばバイクが無くても生活に支障はありませんでした。しかし、大学に入って親元を離れて一人暮らしをはじめると、バイクは欠かすことのできない移動手段となり、どこかへ遊びに行くための足へと変わったのです。

     それに伴って、彼女やらができると(友達もですが)後ろに乗せてどこかに行くことも日常的になりました。ただ、バイクに対する意識は男女で若干違っていたのです。いや、正確にはバイクを自分で運転しない
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。