• このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年7月30日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年7月30日

2021-07-31 00:00

    動画

    【7月30日午後1時〜】定例記者会見ライブ放送



    参加者

    立花 孝志 党首 / 大橋 昌信 副党首 / 浜田 聡 参議院議員 / 黒川 敦彦 選挙対策本部長



    目次

    1. 次期衆院選での党名の最終決定とその理由について

    2. 嶋谷昌美・東大阪市議の当選無効について

    3. 政治をイメージで判断することの怖さについて

    4. 浜田議員の新型コロナワクチン接種について

    5. 通年国会ではないことの問題意識について

    6. 諸派党構想全国ツアーの告知




    定例記者会見・要約


    立花孝志党首の報告


    衆院選は『NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(略称・NHK党)』で戦います!


    立花 『NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(略称・NHK党)』に正式に決定しました。衆院選が終わるまで党名変更は法律上不可能なので、この党名で戦います。衆院選後、来年の参院選までの8ヶ月の間に党名を変更することは、十分あり得ます。



    一人でも多くの方に、NHKの弁護士法72条違反のことを知ってほしい!


    立花 現在も被害の相談が来ております。


     例えば、母親がNHKと契約しており、5年以上受信料が不払いの状態でNHK委託会社の集金人が来訪。応対した娘が、滞納分の受信料の支払いをしつこく求められ、帰ってくれないので1ヶ月分の1310円を払った、という事例が約1ヶ月前にありました。


     受信料の消滅時効は5年であるのに、一部を支払ってしまえば『時効の中断』になってしまいますし、弁護士しかできない交渉を、NHK委託会社の集金人がしていると思われます。


     元NHK集金人の齊藤忠行氏がNHK委託会社(株)エヌリンクスを訴えている裁判が進行中です。NHKは「弁護士法72条違反ではない」という主張で補助参加していますが、エヌリンクスの犯罪が証明されれば、NHKの連帯責任は免れないと思います。


     その他にも10件以上の裁判が進行中です。早ければ年内、遅くとも来年春には判決が出ますが、衆院選が想定されている10、11月での判決は見込めないと思っています。


     一人でも多くの方に、NHKの弁護士法72条違反を知っていただくというのが、党名変更の主たる狙いです。


    ▼関連リンク

    NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で  っていう名の国政政党が誕生しました。



    弁護士がTwitterで誹謗中傷していることが判明しました


    立花 一昨日、弁護士がTwitterで私の誹謗中傷をしていたことが判明しました。選挙ウォッチャーちだい氏との裁判について、ちだい氏宅へ大量のパンフレットを送付した犯人が、まるで私や私の部下であるような書き込みをしていました。


     Twitter社とプロバイダーに対して情報開示請求裁判を行った結果、違法性が高いとして書き込んだ者の住所と名前が開示され、弁護士であることがわかりました。これからその方に対して裁判を行っていきますが、なぜ匿名でそのようなことをしたのか、はっきり言って驚きです。弁護士であれば堂々と主張すればいい。


     私に直接連絡をしてきていただけるよう、あえて会見で発信しています。匿名で誹謗中傷する、直接会ってお話ししましょう。身元を明かさずに他人の悪口を言うことが一番卑怯です。その弁護士にNHKの集金行為が弁護士法72条にあたるのか聞いてみたいです。


    ▼関連リンク

    【弁護士が犯人!】Twitterで立花孝志の誹謗中傷をしているのは現役の弁護士だった!



    嶋谷昌美・東大阪市議の当選無効は異常です


    立花 NHK党の嶋谷昌美・東大阪市議の当選が無効となりました。居住実態の件では、スーパークレイジー君やNHK党の松田みき・元新宿区議も争っています。それと同種の裁判ですが、1点違いがあります。


     スーパークレイジー君や松田みきに関しては、それぞれの自治体の選挙管理委員会が居住実態がないとし、居住実態がないと言われた人が提訴しています。


     嶋谷に関しては、東大阪市も大阪府も居住実態があったと判断しています。提訴されたのは大阪府の選挙管理委員会なので、嶋谷は弁明する機会がまったくなく、最高裁に上告する権利もありませんでした。相当おかしいです。


     NHK党の浜田聡・参議院議員も主張しているとおり、住民が選んだ人をなぜ司法が否定するのでしょう。国民主権ですから、国民の選挙での意思が一番強いのに、それを裁判所が否定するのは、司法の自殺行為だと思います。


     そもそも、3ヶ月以上の居住実態は憲法ではなく法律に書いてあるだけです。憲法15条には『公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。』と書いてあります。憲法を擁護しなければならない裁判所が憲法を軽んじている。しかも、最高裁は弁論も開かずに決定を出しています。異常な判断だと思います。


     過疎地では地方議員のなり手がいない時代です。そこに3ヶ月以上住まなければならないのはすごいハードルですが、首長選挙にはそれがない。合理性のない公職選挙法の居住実態要件に関して、法律を改正していきたいと強く思っております。


     しかも、当選無効とされたのに議員報酬は返さなくてよく、嶋谷の行った議決に関しても影響が出ないんです。ある意味、無効ではないんですよね。これも変なシステムだと思います。


    ▼関連リンク

    東大阪市議の当選無効訴訟、最高裁が上告棄却(産経新聞) - Yahoo!ニュース



    丸山穂高・衆議院議員、落選して政治家ランキング堂々の第5位!イメージに惑わされないで!!


    立花 NHK党の丸山穂高・衆議院議員が『落選してほしい政治家ランキング』第5位になったそうで、不祥事を起こした人って忘れ去られますし、立候補するとも言っていないのにすごいなと。


     一昨日議員辞職された立憲民主党の本多平直氏にしても、丸山穂高にしても、違法でもなければ、特定の被害者もいないんです。


     丸山は「戦争しないと北方領土取り返せないんじゃないんですか?」という議論をしているわけです。本多氏も「すでに淫行条例が各自治体で制定されているので、わざわざ法律で定める必要があるのか?」という議論をしているだけです。


     議論をしたら国会議員を辞めなければならないとしたら、むちゃくちゃ危険です。本多氏も丸山も問題の本質は一緒です。誰かに迷惑をかけたのとは違うということだけは、有権者のみなさまに知っておいていただきたい。


     党のイメージが悪くなって票が取れなくなるからと立憲民主党は本多氏に辞めるように圧力をかけた。丸山を除名処分にしようとした維新も同じです。イメージに惑わされないようにしていただきたいと、有権者のみなさまには強く言いたいです。


    ▼関連リンク

    丸山穂高氏 落選してほしい政治家ランク5位に「ほんと光栄です。アジャ―ス!」と喜び爆発(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

    立憲民主党本田平直議員はまったく悪くない



    NHK党は、イメージや多数派に流されず物事を正しく理解できる人たちのために、政治を行っていきます


    立花 新型コロナの感染者数が東京では3000人を超えて大変だと報道されています。ですが、新型コロナで入院した経験のある身として発言すると、新型コロナは薬で治ります。しかも、新型コロナは弱毒化してきているので、入院も治療もなく治る人が圧倒的に多いです。


     一番重要なのは医療崩壊です。医療が逼迫して治療が受けられないとなった時に、大問題にしなければならない。テレビなどの大手メディアでは、年始あたりには病床使用率を出していましたが、最近は一切報道していないようです。このような報道を公共の電波を使って意図的に行っているテレビ局ってどうなんだろう。


     イメージは本当に怖いなと。NHK党は、イメージや多数派に流されず物事を正しく理解できる人に、支持をいただきたい。物事を正しく理解できる人たちのために政治を行っていきます。




    浜田聡議員の報告


    新型コロナワクチンの一回目を受けてきました


    浜田 先週の日曜日、千代田区で新型コロナワクチンの一回目を受けました。ファイザーのワクチンです。目立った副反応はなく、2日ほど局所的な痛みが続きましたが、日常生活に支障をきたすほどではありませんでした。8月下旬に2回目の接種を予定しています。



    国民のために通年国会にしたほうがいいのではないでしょうか


    浜田 6月18日から国会が閉会中です。1度だけ行政監視委員会で質問の機会がありました。閉会中にも委員会の『閉会中審査』が行われていますが、数が少ないです。


     緊急事態宣言が出ている中、国会が閉じているということは、国民にとってあまり望ましくないと思います。


     私としては通年国会にしたほうがいいのではないかと思っております。国会が開いたり閉じたりすることは、政治家にとってはメリットがあっても、国民にとってはデメリットしかないという問題意識を持っております。




    黒川敦彦選挙対策本部長の報告


    諸派党構想全国ツアーの告知


    黒川 7月24日、25日に諸派党構想全国ツアーということで、子供未来党のみなさまと一緒に盛岡、仙台、福島の3ヶ所を回ってまいりました。引き続き、関西ツアー、九州ツアーを行います。


    【関西ツアー】

    8月8日(日)大阪 15時〜17時 梅田ヨドバシカメラ前

    8月9日(月)神戸 11時〜13時 三ノ宮センター街入り口フラワーロード上

          京都 16時〜18時 河原町交差点高島屋前


    *記者会見での発表とは相違がありますが、上記が正しい日時、場所です。

    https://twitter.com/democracymonst/status/1420985177690370049


    【九州ツアー】

    8月21日(土)博多   15時〜17時 天神ライオン広場

    8月22日(日)熊本   11時〜13時 ツルヤ前

             鹿児島 16時〜18時 天文館





    ▼要約担当

    とにぃ@とおにしまなみ【女性議員50%を目指す党】 @ChikiChiki_Tony

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。