• このエントリーをはてなブックマークに追加
NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年9月10日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 定例記者会見 2021年9月10日

2021-09-15 00:00

    動画

    【9月10日午後1時〜】定例記者会見ライブ放送



    参加者

    立花 孝志 党首 / 浜田 聡 参議院議員 / 黒川 敦彦 選挙対策本部長



    目次

    1. 立花党首の刑事裁判が行われました

    2. 衆院選候補者について

    3. 山口県と、静岡県の参院補選について

    4. 浜田議員による『諸派党構想の政治版』について

    5. 人権外交議連について

    6. 通年国会について

    7. 黒川本部長の新型コロナ罹患について

    8. 浜田議員による『諸派党構想の政治版』への質問




    定例記者会見 要約



    立花孝志党首の報告


    立花党首の刑事裁判の進捗 刑務所に入ったとしても党首は続けます!


    立花 私の刑事裁判が進んでおります。10月7日に論告求刑、年内には判決が出る見込みです。仮に実刑となり刑務所に入ったとしても、党首は続けるつもりです。


     この裁判を通じて一番思ったことは、NHKという組織が反社会勢力なのかどうかで判決が大きく変わるだろうということです。


     実際の事件が起こった一昨年は、6月に宮迫博之氏や田村亮氏をはじめとするお笑い芸人による闇営業問題が発覚し、『反社』がクローズアップされていました。同年11月、NHKが持つ個人情報を利用した人物が高齢女性からキャッシュカードを騙し取り、数百万円の被害が出ていたことが発覚しました。これは間違いなく反社による手口です。


     これに対してNHKは、記者会見を開かず文書でのみ謝罪しました。NHK側も迷惑しているといった内容でしたが、7月に契約した業者が9月に犯罪を犯しているので、NHKが被害者だとは言えません。


     私はその後、当時NHK会長であった上田良一氏の自宅周辺で、『NHKは反社会勢力』と書いたビラをばら撒きましたが、そのことではなく、会長に面談を迫ったことが威力業務妨害だということで起訴されました。もう一つの訴因は、NHKの個人情報を撮影したという不正競争防止法違反です。


     『NHKは反社会勢力』のビラ撒きについて、NHKは訴えを起こしていません。反社とつながりのない会社であれば、そういった嘘を流布されたら民事なり刑事なりで対抗措置を取ってくるでしょう。事実でなければ信用毀損に当たりますので、その違法行為が発生していないことを確認する債務不存在確認訴訟を来週中にでも提起したいと思っております。


     裁判のポイントはここだと思ったんです。「NHKは反社会勢力だから反社とのつながりを釈明しろ」と会長に直接言おうとしたところ、威力業務妨害とされました。検察側もNHKを捜査しているにも関わらず、私の方だけ起訴するのもおかしいです。


    ▼関連リンク

    刑事事件被告尋問を終えて〜臨時記者会見ライブ放送〜



    衆院選に立候補をしたい方を随時募集しております!


    立花 現在の公認候補者は、まだメディアに公表していない方を含めて34名です。比例単独が4名、比例重複が7名、小選挙区単独が23名です。ただ、今月24日までに供託金の振り込みがない方は公認を一旦取り消します。


     9月24日以降も、空いている選挙区については、随時公認していきます。



    ▼関連リンク

    NHKをぶっ壊す! - NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で 公式サイト

    *トップページの『諸派党構想 参入団体』の下部に申請フォームがあります。



    山口県と静岡県の参院補欠選挙に候補者を出します!


    立花 任期満了に伴ってではなく、解散総選挙になることはほぼ間違いないという状況になっております。


     そんな中、山口県と静岡県で参議院補欠選挙が行われます。10月7日告示、24日投開票です。総選挙前にできるだけ党名を周知することを目的に、少なくともどちらかには公認候補を出したいと思っております。


     お金がもったいないので、総選挙と一緒にやるべきだと思いますが、予定通り補選が行われる場合は候補者を出します。出たいという方はご連絡ください。衆院選の公示が10月28日以降になる場合、衆院選立候補予定者が出ても問題ありません。




    浜田聡議員の報告


    浜田議員から各官公庁へご意見メールを送る取り組みがスタート!!


    浜田 いろいろな方からいただく意見を官公庁にお伝えする活動を始めました。具体的には、各官公庁に浜田聡名義でメールを送るというものです。国会議員名義で送りますと誠実に対応していただけます。


     諸派党構想ということで、衆院選にはいろいろな考えをお持ちの方が立候補する予定です。政府に対して意見を言いたい方はぜひ活用してください。各自が発信することによって、各候補者のアピールにもなると思います。


     立花党首が行っているのが『諸派党構想の選挙版』、私のは『諸派党構想の政治版』です。現在、子供未来党から厚生労働省への意見、愛煙党から国土交通省への意見をいただいており、近日中にお送りします。まずは意見を送り、回答をいただくことで、活動が始まっていくのではないかと考えております。


    ▼関連リンク

    【諸派党構想】政治団体 子供未来党の方のご意見を厚生労働省の方にお伝えする予定です

    神奈川県【NPO法人子供の人権を守る会】代表 新飯田ルイさんと話をしました 近日中に厚労省にご意見・ご要望を送る予定です



    人権外交議連に参加しました


    浜田 昨日、人権外交議連の総会に参加しました。内容は、アフガニスタンでタリバンの支配が始まったということで、住民の避難をどうすべきかを政府に要望するというものでした。特に話題となったのは、避難を希望されている方の中に、かつて日本に留学されていた方がたくさんおられるということでした。


    ▼関連リンク

    人権外交を超党派で考える議員連盟公式ホームページ



    通年国会にすべき!
    国会で議論することが国会議員の第一の仕事


    浜田 現在、国会が閉会中です。国会は常に開いているべきだと私は考えております。安くない歳費をいただいておりますし、国会で議論することが国会議員の仕事の第一だと考えております。


     通年国会にして、国会が閉じたり開いたりすることでの与野党の駆け引きが必要ない状態にしたいと考えております。


    ▼関連リンク

    【ライブ配信】国会が閉じたままです! 通年国会にすべきでは⁉




    黒川敦彦選挙対策本部長の報告


    新型コロナの医療体制について
    まず初期治療に力を入れるべき


    黒川 先々週、新型コロナに罹患しました。たくさんの方にご心配いただき、感謝しております。罹患中の10日間、東海ツアーと北海道ツアーに出ることができず、手伝っていただいたみなさまには大変ご迷惑をおかけしました。これからできる限り埋め合わせさせていただきたいと思っております。


     熱が上がったり下がったりの状況が8日間ほど続きました。つばさの党としては、ワクチンの危険性をお伝えする活動をしてきました。新型コロナは風邪だから寝ておけば治るという意見もありますが、新型コロナそのものを軽視するような発信はしておりません。罹患して、初期治療の大事さを痛感しました。


     自宅療養という名の放置で重症化している人がいます。デルタ株と言われる感染力の強い型が流行し、罹患される方が増えましたが、日本がかけてきた医療費を考えると、今の医療体制と発症者数で直ちに医療崩壊するというのはおかしいと考えています。


     初期治療の医療リソースが足りていません。入院すればそれだけ医療資源を使うことになります。初期段階で症状を抑えられれば、緊急事態宣言を出して経済を止める必要はありません。



    浜田議員による『諸派党構想の政治版』はとても心強いです!


    黒川 浜田先生がはじめられた『諸派党構想の政治版』ですが、官公庁に送る内容に制限はありますか?


    浜田 基本的には審査しません。メールで送信するため、わかりやすく簡潔にお願いいたします。


    黒川 諸派党構想に参画する政治団体として心強い取り組みだと思いました。コロナ自粛の問題なども含めて活用していきたいと考えております。





    ▼要約担当

    とにぃ@とおにしまなみ【女性議員50%を目指す党】 @ChikiChiki_Tony

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。