• このエントリーをはてなブックマークに追加
「出っ歯がキモい」と言われ、いじめられ続けた壮絶な日々[体験談]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「出っ歯がキモい」と言われ、いじめられ続けた壮絶な日々[体験談]

2016-01-17 18:00
  • 59

■ 画像付きの提供元で全文を読む ■

私は、小学生の頃、自分で言うのも恥ずかしいのですが、率先してクラスの中心に立って、グループをまとめる、リーダー的なタイプの、明るい女の子でした。

いつも周りはたくさんの友達に囲まれ、友達を笑わせることが大好き。「いつも笑っているね」と言われることが多く、充実した小学校生活を送っていました。

そんな楽しい小学校生活はあっという間にすぎ、いよいよ卒業。

そして春になって、違う区域からたくさんの同級生が加わり、新たに中学校生活がスタートしました。

新しい友達をたくさん作ろうと、胸をはずませていましたが、この中学校の3年間が、私にとって地獄のような日々になるんです。

地獄のような中学3年間


中学1年生の初めてのクラスでは、小学校からの同級生も数人いましたが、ほとんどは、違う区域から来た、初めて見る顔ぶればかりでした。

私は、たくさんの友達を作りたい一心で、誰から話しかけようかワクワクしていました。

もともと、明るい性格で、人見知りすることはほとんどなかったので、とまどいなく、隣の席に座っていた女の子に、私から話しかけてみました。

その女の子は、隣の区から通っている女の子で、可愛らしい雰囲気の女子。多くの友達と一緒にいるのを見かけていたので、友達が多い子なんだろうなという印象でした。

初めのうちは、当たりさわりのない会話で、特に盛り上がらなかったことを覚えています。

ただ、徐々に話をしていくうちに、ジャニーズが好きだという、お互いの共通点が見つかり、話が盛り上がりました。

ジャニーズの話で共感できたし、私が面白いことを言うと、彼女がたくさん笑ってくれるので、心の距離が近くなったことへのうれしさで、私は気持ちが舞い上がっていました。

でもいきなり、その女子が「◯◯ちゃんて、笑うとめちゃくちゃ出っ歯だね」と、口にしたんです。

小学校のときは、まったく言われたことがなかったフレーズだったので、一瞬ショックで身が固まってしまいましたが「冗談かな」とあまり深く気に留めることもなく、その場をやり過ごしました。

出っ歯がキモいと言われ、いじめられるように……


次の日、学校へ行き教室へ一歩足を踏み入れると、見知らぬ女の子が私を見るなり「出っ歯だぁ」と言って、クスクスと笑いながら通り過ぎて行きました。

失礼なことを言われて腹がたったので、本人に直接文句を言おうかと思いましたが、波風を立てたくなかったので、何も言わずに席につくことに。

席につくと、昨日ジャニーズの話で盛り上がった、隣の席の女の子が登校してきたので「おはよう」と話しかけました。

すると、彼女は何も言わずに、違う女の子のもとへ。私は「声が小さくて聞こえてなかったのかな」と、あまり深く考えず、授業の準備をしました。

授業が終わり、休み時間になると、隣の席の女の子が、違う女の子のところに行ったかと思うと、私の方を指さしながら、爆笑していました。

何となく自分のことを言われているとに気が付いた私は、居ても立っても居られず、その場を離れたくて、違うクラスの友達のところへ遊びに行きました。

するとそこで、私は衝撃的な言葉を耳にすることになります。

小学校5、6年同じクラスだった友達が、私に向かって「◯◯ちゃんのこと、出っ歯で、きもいって噂が広まっているよ」と、言うのです。

このときの悲しさは、今でも忘れられません。

どうしてそんなことを言うのだろうと、怒りが込み上げてきました。

中学を卒業してから聞いた話によると、私たちの小学校は一番平和な校風だったらしく、隣の区の小学校では、日常茶飯事にいじめが行われていたとか。そして、いじめの主犯格とだったが、私が最初に教室で話しかけた女の子だったのです。

その後は、今、思い出すだけでも辛くて、泣き出しそうになる思い出ばかりです。

最初は、一部の女子から無視をされていたのですが、やがて、男子も加わり、クラス全体から無視されるようになりました。

修学旅行などのグループを決める際には、いつも私が余るので、数の少ないグループに加えてもらい、そのグループ全員のパシリとして扱われました。

いじめが段々エスカレートしていくと、トイレに閉じ込められて、ドアの上からバケツの水をかけられ、びしょ濡れにされたり、プールの時間に、途中で息継ぎしようとして顔を上げると、頭を抑えられて沈められたり……。

いじめによって行われた、数々の行為は、どれも中学生がするようなことだと思えない悪質なものばかりで、挙げればきりがありません。

でもどんなひどい目にあっても、母子家庭で育った私は、母に心配をかけたくないという思いから、学校には行きました。

誰にも相談できず、悩んだあげく、死のうと考えたことも何度もありました。でも、死ぬことの方がいじめられるよりも恐怖に感じて、行動に移せませんでした。

出っ歯がキモいと言われ、いじめられ続けた壮絶な日々[体験談](2)に続きます。

written by ココアパウダー

■ 関連記事 ■

他49件のコメントを表示
userPhoto
tuo
×
いじめにあったら証拠を集めろ。集めて集めて、各所にばら撒け、受験先や就職先、親兄弟、親類縁者、相手が最も嫌がる所全てに送りつけろ。ネットに拡散しても良い。
66ヶ月前
×
いじめの両側になったことあるけど、道徳心の欠如が問題な気がするよ
もっとこの国は子供の道徳心の教育に力を入れるべきだと思う
自分がされて嫌なことは他人にしない、こんな一言で片付く問題なのに
66ヶ月前
×
まあ、出っ歯は完全に理不尽だよなあ。身体特徴はどうしようもないもの。
自分も過去いじめにあいましたが、ここまでひどくなく無視されたり不必要なものを買わさたりするもので身体に害あるものはなかったです。
それに今思えば当時は今より空気が読めず相手を不快にする発言も多かったんですよね。
時と場合もあるのに正論を振りかざす、いわゆる正義馬鹿ってやつでした。
そういう場合、いじめられる側にも問題があるというのは当てはまるのではないでしょうか。
66ヶ月前
×
>>33みたいのは、相手の状況も考えず、主観だけで語る脳縛り発言。
>>55みたいな奴は揚げ足取り。というか、言ってる事矛盾だらけ。よく考えてから書いたら?
33や55はいじめられてた人の批判したり、揚げ足とって更に追いつめたいわけ?
66ヶ月前
×
確かに私の周りのいじめられていた子は本人に問題がある子が多かった。虫歯だらけで口臭がひどかったり、汚くて臭う服装だったり、いつも他人の粗探しをしてそれを過剰に非難したり、気に入らないと暴力ふるったりする子達だった。常識的におかしいし改善できることだったから、当時の私も「いじめられててもしょうがないなあ」って思ってた。医療費や服を買うほどお金がない子とは思えなかったし。

そもそもいじめといっても無視したり避けたりちょっと小突く程度で、本人が「いじめるのをやめてください」って言うまでいじめという感覚がなかった。まあそれからは小突くのがなくなっただけで相変わらず無視したり避けたりしてたけど。臭かったり非難されたり殴られたりでたまったもんじゃない。本人がいじめっていう認識だから私たちもいじめだったって言ってるけどね。

でも、どんな理由でも記事にあるようなひどいいじめは悪いことだし、ましてや容姿や家庭環境など、本人がどうしても改善できないようなことでいじめるのは犯罪と同じ。


66ヶ月前
×
 まあ、俺もいじめられていた口だ、いじめられて仕方の無いという人の言うように一理あるのかも知れん。
 ただ、成績が良くて気弱だからとか、たまたま目立つミスをしてしまった、でいじめが始まる事もある。
 特に俺の時みたいにPTA会長の息子、なんていう教師が手を出し辛いのが音頭とって足りするとね。
 
 その経験から言うと、法を犯すな、教師は信用するな、司法、マスコミに証拠を持って直接、が一番かな。子供の将来を...とかいってもみ消される前に決めんと駄目だね。
66ヶ月前
×
誰かをイジメてる奴って100%が性格がイカれていて関わりたくない奴だったなあ
頭も悪かったわ
それもくっだらねえ理由でイジメてるし
バカじゃねと思ってたわ
66ヶ月前
×
>そもそもいじめといっても無視したり避けたりちょっと小突く程度
58のこの一文が怖いわ
そりゃなくなるわけないわな
いじめる側の認識が甘いし反省してないんだもん
どんなに相手に理由があろうとやってはいけないって思考にはならないわけだしなぁ
58はとんだ偽善者だわ
66ヶ月前
×
>>54
俺もそれしてるわ しかも現在進行形で
66ヶ月前
×
>>15
偽善者乙
44ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。