• このエントリーをはてなブックマークに追加
100キロを超えた体重……。絶望の淵から僕を救ったレコーディングダイエット[体験談]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

100キロを超えた体重……。絶望の淵から僕を救ったレコーディングダイエット[体験談]

2016-02-23 22:00
  • 5

■ 画像付きの提供元サイトで全文を読む ■

僕は、14歳の時に、部活でいじめに合いました。原因は、女子と仲がいいことでした。

そのとき、自分が甘いものを食べることで、ストレス発散をしていることに気がつきました。

食べて、食べて、食べて……の連続。

当時、173センチ、78キロ。

14歳の冬、いじめが始まった

中学二年生の冬、なんとなく、部活でひとりでいることが多くなったような気がした。

僕が、みんなが集まっている輪の方に行くと、避けられて、みんなはどこかへ行ってしまいます。

最初は「あれ?」と思うくらいでしたが、ペア練習のとき、誰も僕とペアを組んでくれなかったとき、これはいじめだと確信しました。

殴られたり、文句を言われたりするのなら、殴り返したり、言い返したりできましたが、完全に無視されるという状態でした。

しばらくそんな状況が続き、僕は部活を辞めたいと思ったのですが、父親が、バスケ部の先生と仲がよく、なかなか言い出せませんでした。

いじめられているなんて事実を言ったら、大きな問題になると思ったし、いじめられていることを「恥ずかしい」と思っていました。

気がつくと、両親がやっているドラッグストアで、お菓子を買い漁る日々が始まりました。

気がついたら10キロ太っていた

いじめは中学卒業まで続きました。

でも、三年間、部活は続けました。絶対に負けたくない!と思っていました。

高校受験は、僕を知らない人、いじめを受けていた僕を知らない人がいる街へ行こうと、県外受験をしました。

受験は、無事に合格。うれしかったです。

春から、すべてをリセットして、やり直せるーー。とても、楽しみでした。

とはいえ、中学卒業時、僕の体重は87キロと、一年間で10キロも増えていました。

ひとる暮らしと、対人恐怖症

高校ではやり直せる……そう思って、僕は入学しました。

まず、席が隣の人と仲良くなるために、話しかけました。

しかし、どうやって話せばいいか、どう声をかけたら、いいのか分かりません。

そう、中学のときのいじめの「後遺症」があったのです。

人と向かい合って、しゃべることが怖くなっていた。

逃げ続けてきた結果、僕は、弱い人間になっていました。


-- 続きを読む --

コメント コメントを書く

こういうの見ると虐めって精神的に貧弱な奴が淘汰されていく素晴らしいシステムなんやなって思うわけですよ、傷害損害は別でね

No.1 80ヶ月前

>>1
長い目で見ると虐めっ子の方が自殺率高い&ターゲットを他人に向けておく安心感や自分の立場を上の方に置いておける安定感で満足している人が精神的に強いとは思えないのですが。

No.2 80ヶ月前

これ書いた人死ねばいいのに。

No.3 80ヶ月前

ひとりと太るをかけてひとる暮らしか

No.4 80ヶ月前

無視って、イジメではなく嫌われてる奴がされるんだよ。

「陰湿なイジメ」とか分け解らない言葉あるけど、イジメは「攻撃そのもの」を指す。
攻撃の無いイジメは、イジメじゃないんだ。

陰口も、本人に直接言える奴が、わざわざ影で言う必要は無い。

「陰湿なイジメは残酷」とか勘違いしてる奴いるけど、直接的なイジメのほうが、圧倒的に惨い事から目を逸らしている。
問題は攻撃にあるのであって、陰湿とかそういうことじゃないです。
「直接的な攻撃は、心に刺さらない」というのも間違いで、心に刺さらない攻撃は、ただイジメるつもりが無いだけで、
イジメるつもりであれば、陰湿だろうと直接的だろうと、酷く相手を傷つけます。

ためしに、無害な陰湿なイジメというモノを想像してみれば良い。
誰も悩むことは無い。

陰湿陰湿と、そこにコダわる奴は、何か履き違えてるから、イジメ問題について語らない方が良い。

No.5 80ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。