• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第224話(1月13日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第224話(1月13日)

2020-01-13 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    先日、6号機では初となるジャグラーシリーズ『アイムジャグラーEX』の発表会が行われましたね。

    5号機初のジャグラーのアイジャグEXと全く同じ機種名でリリースするところに、

    6号機になってもジャグラーは不変であるという制作サイドの強い意思を感じますね。

    実は私、6号機のジャグラーは昨年発売された同メーカーの『マイフラワー』のような、

    ジャグラー風のルックスをしたAT機で出さざるを得ないだろうなと甘く見ていたのですが、

    そこは流石の北電子さんが開発したジャグラーの名を冠するパチスロでしたね。

    6号機でもキッチリと王道のノーマルタイプに仕上がっているじゃありませんか!

    見た目だけでなく、中身もしっかりジャグラーしちゃっているじゃないですか!

    ちょっとナメててホントにすみませんでした、

    キタッカーの諸君!!

    (たちまち自宅へ直帰する中学生っぽい雰囲気が漂う、北電子の開発部の皆様)


    そうなると一気にザワついてくるのがホール関係者たちでございます。

    そこで今回はジャグラーシリーズのリリース前、どうしてホールがジャグラーを欲しがるのかという点について書いてみましょうか。

    言ってしまえば、フラグが立てばランプが光るだけのパチスロを何故ホールは求めるのか?

    そこには、こんな理由があるのです。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。