• このエントリーをはてなブックマークに追加
YNA#135「下書きたちの鎮魂歌」(2021年10月15日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

YNA#135「下書きたちの鎮魂歌」(2021年10月15日)

2021-10-15 20:00
    YNA#135「下書きたちの鎮魂歌」


    -----

    豚がくるっと回るとブターン
    牛が静かに潜んでる状態はウシーン
    馬のメスはウマーン
    熊のメスもクマーン
    シマウマのメスももちろんシマウマーン
    マスカットが首都の国はオマーン

    語呂の良さ以外、曲も顔も人数すらも覚えてないのが太陽とシスコムーン

    -----

    直観ってすごく大事だけど間違ってることももちろんあるから、その道路整備のために言葉は役立つ。

    -----

    おまえのOSをWindows Meにしてやるぞっ!!!!

    -----

    完全に勘で話すけどさ、農耕や牧畜、蒸気機関、石油という歴史の大転換点があったけど、コンピューターってそれらを超える発明なんじゃないかな。
    だって近い未来に人間の脳みそ超えるでしょ。
    分野別ならもうそうなってるし。
    人間じゃなきゃできないことって無くなるんじゃない?
    芸術なんかも含めて。

    -----

    bot同士が自動的に会話してるの見てさ、けっこうちゃんとおもしろかったんだよ。
    しっかりコンテンツになってんな、と。
    ってことは、AIが考えた脚本をオールCG、声も初音ミクみたいなのの発展形で映画にできるだろうし、人間が心底楽しめるゲームをイチからコンピューターが制作なんてのもぜんぜん夢じゃない。

    -----

    そんな夢想をすると必ず「人間の仕事が無くなる!」って悲観するひとが現れるけど、ぼくは「ロボットが全部やってくれて人間は働かなくていい状態」を期待しちゃう。
    「人間は仕事をしないとダメになる」なんて全然思わないよ。
    そうなったことがないから想像つかないだけで、じゃああなたはチェスや将棋のチャンピオンがAIに勝てなくなる状況を30年前に予想できましたか?っていうね。

    -----

    てか、えっ!? ちょっと待ってwwwww
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    .
    はい、お待たせ。
    何秒待った?

    ん? 話の続き?
    ナイナイ。
    普通に待ってもらっただけだからw

    -----
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。