• このエントリーをはてなブックマークに追加
【のりこえねっと通信0036号】本日21時より、横山純×野間易通『1977年ルイシャムの 戦いに学ぶ』生放送です!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【のりこえねっと通信0036号】本日21時より、横山純×野間易通『1977年ルイシャムの 戦いに学ぶ』生放送です!

2014-07-23 18:09
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■■■-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
    ■■■■
    ■■■    のりこえねっと通信 0036号 2014年7月7日発行
    ■■
    ■                        ◆転送歓迎◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

     賛同者の皆さま のりこえねっと通信をお読みの皆さま

     昨日ものりこえねっと事務所の近くで差別デモが行われました。「朝鮮カ
    ルト組織犯罪撲滅デモ IN高田馬場~早稲田」と題されたデモは、「カル
    ト! 撲滅!」が目的らしいのですが、予想通りグダグダの妄想ヘイトス
    ピーチ満開のデモとなりました。「しばき隊の集団ストーカーを叩きだせ」
    とか「創価学会としばき隊をストーカー規制法で規制しろ」とか意味不明の
    デモでした。「反日の牙城(日本基督教会館)に突入!」とかも言っていま
    したが、カルト本家の統一協会に一番対抗してきた日本基督教団本部にデモ
    かけるとは意味がわかりません。統一協会=勝共連合から多大な支援を受け
    ていた安倍首相にでも抗議してほしいものです。
    このデモの詳報は以下をご参照ください。
    http://togetter.com/li/689212

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    〈今号の目次〉
    1.7月7日 のりこえねっとTVのお知らせ
    2.6月25日のりこえTV報告「女たちの人権を守るために」
    3.今後の反レイシズム情報
    4.今週のヘイト街宣・デモ
    5.新聞・雑誌記事・Webより
    6.ツイッターのフォローをお願いします!
    7.ニューズウィーク日本版への抗議 共同代表のコメント
    8.編集後記
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●1.7月7日のりこえねっとTVのお知らせ

    ★タイトル:1977年ルイシャムの戦いに学ぶ 横山純×野間易通

    本日午後9時からの放送です。

    ◎放送日時 7/7(月) 21:00-22:00

    ◎ニコニコ生放送入口URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv185152404

    7月から、毎週月曜日よる9時スタート!
    毎週第1月曜日は、C.R.A.C.×のりこえねっと TV!

     1977年8月、ロンドン南部のルイシャム特別区で行われた
     イギリス国民戦線(NF)の排外主義デモに対し、
     市民による大規模なカウンター・プロテストが起こった。
     これは現在の世界中のアンチレイシスト/アンチファシスト・カウンター
    の 原形とも言えるもので、「ルイシャムの戦い」と名付けられ、
     成功を収めた直接抗議行動の事例として今日まで語り継がれている。
      当時の移民をめぐる当時のイギリスの状況はどんなものだったか。
     国民戦線は何を訴え、それに対して市民はどのようにアンチの意思表示を
    したのか。
     マギング(強盗)をめぐって黒人の若者たちに巧みに マイナス・イメージ
    が植えつけられるなど、現在の日本の反レイシズム・シーンが 直接的に参
    照し学ぶべき事例が、この40年前のルイシャムの戦いの中に すでに多数現
    れていた。

     [ゲスト]
     横山純(よこやま・じゅん)
     神戸大学/凡どどラジオ・プロデューサー
     1984年東京都生まれ。神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程所属。
     専門はイギリスの黒人音楽文化。2014年6月に
     「Lewisham '77 people's countah-attack」を論文発表。
     2014年8月から1年間ロンドンに留学予定。311以後、
     Think Fukushima+Walk、TwitNoNukes大阪のメンバーとして
     関西で脱原発デモを行う一方で、インターネットラジオ局、
     241FMのメインパーソナリティ、「凡どどラジオ」のプロデューサーを務める。
    http://bondoodle.tumblr.com/

    [案内人]
    野間易通(のま・やすみち)
     1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪外国語大学
     (現・大阪大学外国語学部)卒業後、音楽雑誌編集部を経て
     フリーの編集者となる。2013年1月、「レイシストをしばき隊」
     (現・C.R.A.C.)を結成。新大久保などで行われていた
     排外デモへのカウンター行動の一翼を担う。
     著書に
     『金曜官邸前抗議』『「在日特権」の虚構』(河出書房新社)
     などがある。

     C.R.A.C.
    http://cracjpn.tumblr.com/

    ――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ●(重要)7月から放送日が月曜日に変更になります!

     のりこえねっとTVはこれまで毎週水曜日午後9時~10時に放送してきまし
    たが、諸般の事情により、7月から毎週月曜日に変更になります。
    7月の放送は、7月7・14・21・28日を予定しております。
    曜日が変わることで生放送を見られなくなる方は、下記にあるタイムシフト
    予約をご活用下さい。(放送後1週間はいつでも見られます)

    ◆視聴方法についてあらためて記載します。
    【視聴方法】
     ▼初回にニコニコ動画に会員登録が必要です。(一般会員は無料です)
      http://www.nicovideo.jp/

     ▼メールアドレスとニックネーム、性別、年齢等のプロフィール、
      パスワードを登録してください。
     ▼そして、以下にアクセスするとのりこえねっとTVをご覧いただけます。
      http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv

    ※ブロードバンドのインターネット環境、もしくはLTE通信環境のスマート
    フォンなどからもご覧頂けます。あらかじめタイムシフト予約をしていると
    放映後1週間以内はいつでも見ることができます。


    ◆皆さまへのお願い

    現在、のりこえねっとTVはニコニコ生放送( http://live.nicovideo.jp/)
    のトップページ番組表に掲載されておりません。
    Twitter、公式サイトにて告知しておりますが、ニコ生のトップページ番組
    表に掲載されると目に留まりやすく、さらに視聴者が増えると思われます。
    番組表に掲載されるためには、【タイムシフト予約】の人数が200名を
    超えなければなりません。ぜひ、みなさまのご協力が必要です。
    拡散・周知も続けて頂けますよう何卒お願い致します。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●2.6月25日のりこえTV報告
    「バカはいらない! 忠誠心と国籍」 水野精之×安田浩一

     ネトウヨは公務員になれません。外国籍住民は公務員になれます。長年に
    わたり、地方公務員の国籍条項撤廃運動に参加してきた水野精之さんをお招
    きし、なぜネトウヨが公務員になれないかという理由について「忠誠心と国
    籍」を中心に、お話を伺います。

    地方公務員法の欠格条項に国籍についての記述はない

     まず前提として、地方公務員法の欠格条項に国籍についての記述がなく、
    外国籍住民は地方公務員になれるとの説明から始まりました。実際、政令指
    定都市では受験と認容が認められ、教員については全国どこでも認められて
    います。ただし東京のみ、実定法に規定がないにもかかわらず公権力行使の
    「可能性」があるとのことで、入り口で排除されています。東京23区職員の
    受験案内には受験資格に「日本国籍を有し」の文言があります。
     なぜこうした国籍条項が出てくるのでしょうか。水野さんによれば、国籍
    が規定されている法は外務公務員法(外交官)のみであり、それ以外は「書
    いていない」ということが重要だとのことです。自衛隊も構造的には外国籍
    排除にはなっていないそうです。
     そして選管委員・教育委員・生活保護に関連する民生委員なども、現実的
    には外国籍はいないそうですが、国籍条項はないとのお話です。それは国籍
    ではなく、選挙権や被選挙権の有無によって排除する構造だとのことです。
    職の問題から見れば、地方参政権と公務就任権とはリンクしていると分析し
    ます。安田さんの、実定法上の条項がないために公選法をもとにした運用に
    よる制限とみなせるのかとの問いに、運用というよりも、地方自治にどこま
    で参画するのかということになるだろうと語ります。

    公務員になるには憲法遵守の宣誓が必要

     また水野さんは、公務員になるには三つの関門を通過しなければならない
    と語ります。まず特定秘密保護法も関わるのかも知れないが、地公法の欠格
    条項にあるいわば破防法関連団体などに関わらないこと、次に勉強で、公務
    員が特別な仕事であってはならないのだが現実は高い点数をとらないと合格
    できない、そして採用に際して宣誓しなければならないことです。憲法99条
    で上級公務員は憲法を尊重し擁護する義務があり、一般公務員・地方公務員
    は憲法・地方自治法・自治体の憲法である自治基本条例の遵守を宣誓しなけ
    ればならないそうです。これが国や地方の仕組みを形成しているとのことです。
     そしてケースワーカー・徴税・住宅斡旋・就労斡旋業務などは「在日特
    権」に関わる職場でもあり、そこでネトウヨが妄想するような仕事をすれば
    辞めざるを得なくなるし、現実に地域のルールが壊れてしまうと語ります。
    建前であっても公務員は憲法の尊重遵守が基本とされ、ネトウヨが正直にも
    のをいえば宣誓で落ちるし、信念通りに仕事しようとすればたぶん排除され
    るのが公務員。彼らが公務員はよくないとか外国人が嫌いというのは何とな
    くわかる気もするとも語ります。

    忠誠心は何ではかれるのか

     そうしたネトウヨの中には帝国憲法への回帰を主張する者もいますが、帝
    国憲法に国籍条項は存在しなかったと水野さんは語ります。大日本帝国は植
    民地臣民を親の愛情のように抱かねばならなかったからです。軍隊の規定に
    外国軍隊に入った者は帝国軍人になれないということのみだったそうです。
    また外務公務員については欧米も厳しかったが、それが緩んだのは英国がナ
    チスと戦ったときだそうです。現英国元首エリザベス女王の夫であるエディ
    ンバラ公は枢軸側のギリシャ国籍であり、敵側でいいのか論争があったとい
    います。それを敵艦撃沈の成果を上げれば忠誠心がわかるとチャーチルが突
    破したようだと語ります。忠誠心というものは成果によってしか測れなかっ
    たのです。
     日本では、外国人を配偶者にもつ者は外務公務員になれないという外務公
    務員法の欠格条項が96年に撤廃され、本人が日本国籍であることのみに改正
    されました。当時の外相の論拠は、国際的な流れ、そして外交官の職務遂行
    上で想定される問題は配慮するので支障はないということだったそうです。
    そもそも見えない忠誠心よりも社会通念が上回ったと語ります。また自衛
    隊・警察・消防は初めから配偶者についての国籍条項はなかったそうです。
     安田さんは、外国籍を問題視する人は見えない忠誠心の尺度に国籍を据
    え、それによって忠誠心を判断しようとするのは公務員の尺度として正しい
    のだろうかと問います。それに対して水野さんは、忠誠心が見えないものな
    らば、全てを自分たちのメンバーとして現実社会に軟着陸させればいいと
    し、その好例として拉致家族等支援法をあげます。被害者は日本国籍だが、
    配偶者等の家族は国籍を問わない。長期生活の中で形成した一家全体を日本
    社会に軟着陸させるために敢えて問わない。そして被害者の生活を支援する
    ために国家としての具体的な支援策を提起する。忠誠心を法にまで高めてし
    まう国もある一方で、国家の責務としてこれを制定することは評価に値する
    し、この方向に社会が向かう芽をもっていると強調します。

    国籍に関係なく公務員になれる社会を大事に

     また職業選択の自由と公平性から見た場合、水野さんは、大日本帝国は無
    定量の忠誠心なしには公務員になれなかったが、外国軍隊に入った者を排除
    するだけで基本的に排除することはなかったと述べます。現在は公務員が普
    通の職業となり、忠誠心は求められなくなったが、受験競争など、かえって
    息苦しい社会になっているのではないか。そこから生まれる訳のわからない
    妄想によって公務員や外国籍へ悪罵を投げつけるよりも、心身のバランスを
    大事にしながら勉強しろと言いたくもなると苦言も呈します。安田さんは、
    憲法の擁護遵守と地公法の欠格条項にあたらないことを踏まえれば、国籍に
    関係なく誰もが公務員になれる社会をすでに抱えている現実があり、この現
    実を大事にしていかねばならないだろうと語ります。
     最後に安田さんは、公権力を行使する公務員は日本国籍を有するべきとの
    53年の内閣法制局見解があるが、実定法上の規定はなくともこれが援用され
    ることはあるのか問います。水野さんによれば、職種によっては外国籍者も
    公務員になれるとの最高裁判断もそうだろうと語ります。そして、そもそも
    法制局の法的根拠は、国民主権原則と憲法前文の平和主義にあった。敗戦後
    わずか8年かつ朝鮮戦争停戦の時期で、東アジア諸国は日本の動向に注目し
    ていた。そこで外国人を軍や公務員に引き入れて他国に介入することはしな
    いと、東アジアの平和と安定のために前文に基づいて国籍条項を付けるとい
    うもので、平和のための当然の法理だった。いまそれが違った形で援用さ
    れ、単純に外国人を拒むために使われているところが問題だと述べ、どんな
    時代にどんな目的で出されたものであるのか学ぶべきだと、最後に強調しま
    した。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●3.今後の反レイシズム情報
    --------------------------------------------------------------------
    ★公式サイト 学習会カレンダーにも順次掲載致します!
    http://www.norikoenet.org/workshop.html#callendar
    ★集会・デモ・カウンター・セミナーなどのお知らせを掲載します。
     日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
     以内で、お送り下さい。件名に「のりこえねっと通信掲載希望」と明記し
    て下さい。

    1)朝鮮学校襲撃事件裁判高裁判決
     ●日時:7月8日(火) 9:50整理券交付 11:00開廷
     ●場所:大阪高等裁判所(大阪市北区西天満2-1-10)202号法廷
     http://www.courts.go.jp/osaka-h/about/syozai/osaka_h/index.html
     ※法廷が満席になる可能性があり、事前に傍聴券の抽選がある予定です。
     ■学校支援者の傍聴者及び一般の方(中立の立場の人)の集合場所
     本館正面玄関 9:50から整理券の交付 (抽選10:15) 法廷入場は10:30
    混乱を避けるため、在特会側傍聴者は、別館正面玄関にて抽選を行い、法廷
    入場は10:40とする予定です。
     なお、直前に変更されることがありますので、念のため、事前に裁判所HP
    の告知を再確認のうえでお越しください。
     http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=8
    ●弁論の後は大阪弁護士会館にて「朝鮮学校の裁判を支援する会(こる
    む)」の集会をおこないます。 場所は、スタッフが当日ご案内します。

    2)歴史を学ぶ市民の会・神奈川学習会
    ①加藤直樹氏(『9月、東京の路上で』の著者)の講演
    「今、関東大震災を記憶する意味」
    ②横浜市中学生副読本問題の経過と現状の報告
    ●日時:7月11日(金)18:30~
    ●会場:神奈川県民センター301号室(横浜駅西口・きた西口徒歩5分)
    ●参加費;500円

    3)在日韓人歴史資料館土曜セミナー
    「靖国」という問題」
    ●日時:7月12日(土)14:00~16:00
    ●講師:高橋哲哉(東京大学大学院総合文化研究科教授)
    ●会場:在日韓人歴史資料館セミナー室 (地下鉄麻布十番駅徒歩5分)
    参加費 : 1,000円(会員800円、学生500円)
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●4.今週のヘイト街宣・デモ Pick Up

    カウンター行動(抗議行動)される際は、十分お気をつけ下さい。
    経験が少ない方は、複数での参加をお勧めします。

    1)移民受け入れ断固反対デモ行進 in 西川口 
    ●日時:7月13日(日)14時00分集合 14時30分出発  
    ●集合場所:(川口市西川口3-29) JR京浜東北線 西川口駅 徒歩4分
    ●主催:在日特権を許さない市民の会 埼玉支部
    【デモ総指揮】桜井誠 (在特会会長)
    ●ニコニコ生放送にて13:30より中継
    (閲覧注意 批判コメントをお寄せください)
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv185334672
    ※カウンター行動が予定されています。「#7月13日西川口差別デモを許す
    な」で検索してみてください。

    2)金子吉晴・大演説会 in 大阪(難波高島屋前)
    ●日時:7月13日(日)15:00~16:30  
    ●場所:南海難波駅 高島屋前
    ●主催:金子吉晴【現場責任者】川東大了

    3)捏造従軍慰安婦及び河野談話を粉砕デモ
    ●日時:7月13日(日)12時00分集合 12時30分出発
    ●場所:広島市 稲荷大橋西詰、南側の公園
    ●主催:在特会広島支部
    ※この後、中監会中国支部「支那中共をぶっ潰せ!in 広島」デモも引き続き
    予定されているようです。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●5.新聞・雑誌記事・Webより

    1)自治体首長が懸念…ヘイト街宣地方に拡散
    民団新聞 6月25日

     東京から地方に拡散するヘイト街宣デモに各自治体の首長が懸念を深めて
    いる。
     川崎市の福田紀彦市長は5月31日、幸区役所で開催された市民との「区民
    車座集会」に出席し、ヘイトスピーチをあらためて批判した。
     市民から認識を問われた福田市長。「聞くたびに怒りを通り越して、情け
    ないと思う。あらゆる差別をする心が起きないように、子どもに教育をする
    のが大切」と答えた。
     これに対して、差別扇動団体は、市内で意趣返しのような福田市長糾弾デ
    モを予定しているという。福田市長は定例記者会見でも「人種だけでなく、
    国籍だとか、そういったものを排斥する行為そのものが、人間としてちょっ
    と許されないと思っている」とする見解を述べていた。
     市内には焼肉店の集まる「コリアタウン」があることから、昨年あたりか
    ら数百人規模のヘイトスピーチデモが頻発するようになった。
     2月にはヘイトスピーチデモに参加した隊員が、JR川崎駅京浜東北線
    ホームで居合わせた乗客を、対抗グループの関係者と勘違いして模造刀で切
    りつける騒ぎがあったばかり。
     千葉市の熊谷俊人市長もこのほど、ヘイトスピーチを目的とした市内の施
    設の使用許可は困難であるとの認識を示した。ただし、ヘイトスピーチ行為
    そのものを法律などで規制することには、ツイッターで「我が国及び私自身
    も極力抑制的であるべき」とも強調した。
     「ヘイトスピーチ規制議論は、『リベラルな立場が、反リベラルな行為に
    対して、リベラルで臨むべきか権力によって制限を加えるか』という大変複
    雑かつ本質的な課題です。自らの主義主張を支える根源的思想に向き合う重
    要なテーマ。なお、私は政治・行政権力の行使は極力抑制的であるべきとの
    立場です」
     5月10日には近鉄奈良駅前でも外国人排斥を叫ぶヘイト街宣デモが行われ
    た。奈良市内では初めてのできごとだった。
    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=2&newsid=19114

    2)関電株主総会 意味不明の叫びあげる男が警察官に頭突き、現行犯逮捕
    産経新聞 6月26日

     26日午前10時5分ごろ、神戸市中央区港島中町の路上で、男が意味不
    明の内容を拡声器で叫んでいたため、関西電力の株主総会を警戒中だった兵
    庫県警神戸水上署の男性警部補(40)が「誹謗中傷をやめなさい」と注意
    したところ、男に顔を頭突きされた。警部補ら署員が男を取り押さえ、公務
    執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。
     同署によると、逮捕されたのは同市垂水区学が丘、自称自営業、村上哲也
    容疑者(46)で、「間違いない」と容疑を認めているという。

    http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/140626/evt14062614450028-n1.html
    (引用者注 村上氏は在特会デモの常連で、女性カウンター参加者への嫌が
    らせなどで知られていた)

    3)都議会セクハラヤジ事件(2)~“人権後進国”から“人権三流国家”に
    読売新聞 7月1日

    理解不能な国
       
     前回に引き続き、都議会セクハラヤジ事件に関してお送りします。
     私を含めて都議会の体質をよく知っている人にとっては、まさに「想定内
    の結末」(「都議会は6月25日、『信頼回復及び再発防止に努める』とす
    る信頼回復に向けた決議案を採択、今後、新たな発言者に関する調査が行わ
    れる可能性は低くなった。」6月26日の記事)ということですが、国家レ
    ベルでは、日本は“人権後進国”どころか、実は野蛮な“人権三流国家”である
    ことを世界に示してしまいました。
     以前から、日本は経済的には先進国ですが、ジェンダー不平等指数
    (GII:女性の社会参加などを示す指数)などから男女平等面では遅れた
    国であると世界的には思われています。しかし、今回の件では、その結末は
    人権侵害の事実さえも抑え込んでしまうという結末で、得体のしれない理解
    不能な国であることを天下に示してしまいました。
     これは、都議会自民党の体質などというレベルの問題で済まないことであ
    り、まさに国家百年の信頼を揺るがす出来事だと言っても言い過ぎではあり
    ません。せっかく日本が進めてきた動きに逆行したものです。日本はこれま
    で“人権後進国”の汚名をそそぐべく、男女雇用機会均等法の制定以来、様々
    な努力を重ねてきました。そうした結果、セクハラ対応でも、ようやくかた
    ちの上ではまさに国際基準にならぶところまで来ていた時だったからです。
    7月から「同性間セクハラ規制」(略)

    金子雅臣  (かねこ・まさおみ)
     1943年生まれ。労働ジャーナリスト。東京都職員として長年、労働相
    談に従事した経験を生かし、2008年に職場のハラスメント防止を支援す
    る一般社団法人「職場のハラスメント研究所」を設立、同所長。主著に「パ
    ワーハラスメントなんでも相談」(日本評論社)、「部下を壊す上司たち」
    (PHP研究所)など。
    http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/kaneko/20140701-OYT8T50046.html


    4)“のりこえねっと”が昨年振り返りシンポ――反レイシズムで社会の合意を
    週刊金曜日 7月2日

     6月11日、反レイシズムの風が東京・千代田区の明治大学に吹き寄せた。
    差別を扇動するヘイトスピーチに対抗する団体「のりこえねっと」主催で
    「のりこえシンポ」が開かれ、主に首都圏で活動するメンバーなどが一堂に
    会した。
    のりこえねっとの辛淑玉・共同代表は冒頭で、のりこえねっとが確認できた
    だけで昨年のヘイトデモ件数は360件以上にのぼったと報告。ただ、
    「360件でおさまったのは、たくさんの人たちがカウンター活動をしたか
    ら」とした。(略)
    http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=4502


    5)戦時中が生んだ差別、講演で語る 日系2世の女性
    朝日新聞 7月1日

     第2次世界大戦中に米国で起きた日系人に対する差別について伝えよう
    と、日系2世のアリス・セツコ・ヒライさん(74)が30日、水戸市の水
    城高校で講演をした。「二度と起こしてはならない」と、アリスさんは約
    350人の生徒を前に訴えた。
     アリスさんは1939年にサンフランシスコで生まれた。2年後に太平洋
    戦争が勃発。米国では戦前から、移民に対する視線が厳しかったことに加
    え、真珠湾攻撃で日系人に対する不信が増した。42年に大統領が行政命令
    に署名したことで、わずか2週間で西海岸をはじめ、10カ所の強制収容所
    に約12万人の日系人が送られた。
     所持品は両手で持てるかばんの分だけ許可された。米国で生まれたアリス
    さんも対象だった。(略)
    http://www.asahi.com/articles/ASG6Z3GDMG6ZUJHB003.html


    6)演奏会:韓国の歌手や俳優出演 朝鮮学校支援で あす中区/広島
    毎日新聞 7月3日

     朝鮮学校を支援するグループ「モンダンヨンピル」は4日、中区加古町の
    アステールプラザで韓国の歌手や俳優が出演するコンサートを開く。広島開
    催は初めて。収益金は、朝鮮学校への高校無償化の適用などを求めて国と裁
    判で争っている広島朝鮮学園(東区)の支援に充てられる。実行委員長の村
    上敏さん(65)=福山市=は「参加は一流アーティストばかり。見応えが
    あるはず」と話している。
     モンダンヨンピルは韓国語で「短くなった鉛筆」の意。2011年の東日
    本大震災で被災した朝鮮学校を支援するために結成され、韓国内で開催した
    コンサートの収益金を寄付してきた。2012年から年1回、日本でもコン
    サートを開催している。(略)
    http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20140703ddlk34040468000c.html


    7)「差別」の爪痕:京都ヘイトスピーチ訴訟/上
     「怒声」おびえる少女 孤独な帰り道、地震…5年後も消えぬ不安
    毎日新聞 7月4日 大阪夕刊

    ◇8日に2審判決
     100メートルを全力で走りきる。家に入って玄関を締めた時には息が切
    れて汗だくだ。
     中学2年の女子生徒(13)=京都市=は毎日、学校の帰り道におびえて
    いる。電車を降りて駅から自宅までの1分間だ。誰かが大声で襲ってくるの
    ではないか……。
     きっかけは5年前の2009年12月4日。京都朝鮮第一初級学校(小学
    校)の3年生だった女子生徒は、校内にとどろく拡声機の怒声におびえて泣
    きじゃくった。
     「北朝鮮のスパイ養成機関は日本からたたき出せー」「犯罪朝鮮人、なめ
    たまねしやがって」「キムチくさいねん」
     市営地下鉄十条駅に近い京都朝鮮第一初級学校(現在は移転)南門前で、
    「在日特権を許さない市民の会」のメンバーら11人が大声を張り上げた。
     市が管理する勧進橋公園を朝鮮学校側が無断で使っているという情報があ
    り、抗議活動に来たという。メンバーらは学校側が公園に置いていた朝礼台
    やスピーカーを撤去、校門の前まで運んだ。
     そして、子どもがいる校舎に向かって拡声機のスピーカーを向け、学校の
    教職員らとにらみ合った。
     校内では昼ごはんが終わった頃だった。女子生徒と同じクラスの男児は、
    歯磨きのために校舎の外の洗面所に行った。門の外から、見たことがない大
    人が声をかけてきた。「門を開けてよ」。男児は泣いて教室に戻った。
     しばらくすると拡声機から大音量が鳴り、教室内にも響き渡った。先生が
    窓やカーテンを閉めたが、騒音はやまなかった。(略)
     ヘイトスピーチの違法性が問われた訴訟の控訴審判決が8日、大阪高裁で
    言い渡されるのを前に、当事者の今を追った。
    ==============
     ■ことば
     ◇京都ヘイトスピーチ訴訟
     京都朝鮮第一初級学校周辺で2009年12月?10年3月にあった街頭
    宣伝の違法性が争われた裁判。昨年10月の1審・京都地裁判決は人種差別
    と認定、街宣参加者に計約1220万円の賠償と学校周辺での街宣の禁止を
    命じた。特定の人種や民族への憎悪や差別をあおるヘイトスピーチの違法性
    を認めた初の司法判断とされる。
    http://mainichi.jp/area/news/20140704ddf041040021000c.html


    8)「差別」の爪痕:京都ヘイトスピーチ訴訟/下
     被告「子どもたちに考え及ばず」 過激街宣「まずかった」
    毎日新聞 7月5日 大阪夕刊

     2010年8月10日午前7時ごろ、京都府警の捜査員が大阪のマンショ
    ン一室を訪れた。「ああ、来たか」。今回の訴訟の被告で、住人の中谷辰一
    郎氏(45)は逮捕されるのを覚悟していた。
     部屋の捜索の後、その場で手錠をかけられた。捜査員が説明した罪名は威
    力業務妨害などの容疑だった。
     約8カ月前の09年12月4日。作業着にジャンパーをはおり、長靴をは
    いた中谷氏は京都市の京都朝鮮第一初級学校前に立っていた。
     「公園は50年占拠されている。北朝鮮による侵略行為だ」
     中谷氏はマイクを手に声をはりあげた。そして、朝鮮学校前の勧進橋公園
    で学校側が置いた朝礼台を校門前に運んだ。
     府警はこの街宣活動をした11人のうち、中谷氏ら4人を逮捕し、全員の
    有罪が確定した。裁判所は「多くの児童が学校にいるのに、強い威力で喧噪
    (けんそう)を生じさせて悪質だ」と厳しく批判した。
     中谷氏は兵庫県の淡路島で育った。地元の高校を中退し、すし屋、不動産
    屋、工事現場などで働き、逮捕時は清掃会社社員だった。(略)
     結婚は25歳。仕事から帰ると家で野球中継を見て、妻と旅行
     今も続くヘイトスピーチ。ユーチューブなどに投稿された中谷氏らの街宣
    の動画が参加者を拡大させてきた。
    その中谷氏は今、街宣には加わらないという。在特会やかつての仲間と距離
    を置く。ただ騒ぐことに疑問を持つようになったからだ。有罪判決や、高額
    賠償を命じた訴訟の1審判決も重くのしかかる。

     最近、朝鮮学校前でマイクを握る自分の動画をネットで見た。「近所にも
    迷惑をかけて、まずかった。自分は汚れてしまった」
    http://mainichi.jp/area/news/20140705ddf041040012000c.html


    9)ヘイトスピーチデモ隊 早稲田奉仕園標的に
    カウンターデモが侵入防ぐ
    クリスチャン新聞 7月6日

      早稲田奉仕園こと日本キリスト教会館(東京・新宿区西早稲田2-3-1)が
    ヘイトスピーチデモの標的にされたことが発覚。クリスチャンや学生などの
    有志は「愛着をもって通って来た早稲田の街が、差別の蔓延する街にしたく
    ない」と7月6日午後に行われたヘイトスピーチデモに対しカウンターデモを
    決行。ヘイトスピーチデモのメンバー約80人ぐらいに対し、フェイスブック
    などを通じてかけつけたカウンターデモのメンバーも続々と集まり、最終的
    にはほぼ同数で対抗。「朝鮮カルト撲滅! 」「日本を外国人天国にする
    な!」などのヘイトスピーチに対し、「帰れ、帰れ!」「日本の恥だ!」と
    言い返すなどして、ヘイトスピーチデモ隊の早稲田奉仕園敷地内への侵入を
    阻止した。

    http://jpnews.org/pc/modules/mysection/item.php?itemid=886


    10)MS社の会員ID詐取容疑 福島県の男を再逮捕 全国初の例
     栃木県警と栃木署 
    下野新聞 7月4日

     米マイクロソフト(MS)社の技術者用会員IDを詐取した容疑で、県警
    サイバー犯罪対策室と栃木署は4日、福島県いわき市平、ホームページ
    (HP)管理業佐藤文平容疑者(57)を再逮捕した。
     逮捕容疑は2011年11月上旬ごろ、転売が禁じられているソフトウエアの認
    証コード「プロダクトキー」を販売する目的でMS社ウェブサイトにアクセ
    スし、契約料を支払って技術者向け会員サービスの会員となり、MS社から
    IDの交付を受けた疑い。(略)
    http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20140704/1645287

    (引用者注 佐藤容疑者は、「ヨーゲン」の名を使い、匿名を良いことに、
    在日コリアンなどに対し、聞くに堪えないヘイトスピーチでツイッターを
    行ってきた。経過については、以下などを参照のこと。
    http://togetter.com/li/688743)
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●6.ツイッターのフォローをお願いします!

    今年2月より、のりこえねっと公式Twitterを始めました。毎週ののりこえ
    ねっとTVやヘイトスピーチ・デモに対する抗議活動をリアルタイムで伝えた
    り、レイシズムやさまざまな社会現象に対して発言する皆さんのリツイート
    するなど、お知らせしてきました。おかげさまで900名近くの方にフォロー
    を頂きありがとうございます。
    しかしまだまだ情報発信を広げて、多くの方に日本の人種差別状況を知って
    いただかなければなりません。ぜひのりこえねっとのTwitterをご覧いただ
    くと同時に、アカウントをお持ちの方はフォロー頂きますようお願いします。

    ツイッター
    https://twitter.com/norikoenet
    フォローするには、パソコンの場合、右上にある「フォロー」をクリックし
    て下さい。フォローするとのりこえねっとの最新情報やつぶやきを見逃すこ
    となく、見ることができます。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●7.7.ニューズウィーク日本版への抗議 共同代表のコメント

    前号でもお知らせしましたが、ニューズウィーク日本版への抗議で共同代表
    からコメントが寄せられています。くわしくはのりこえねっとのHPから
    ご覧ください。
    http://www.norikoenet.org/protest_against_newsweek.html#comment
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    ●8.編集後記

    反レイシズム情報にも掲載しましたが、明日火曜日に京都朝鮮学校襲撃事件
    の控訴審判決が予定されています。一審の京都地裁判決は、人種差別撤廃条
    約に照らして1226万円の支払いを命じ、新校舎周辺においても街宣行為を禁
    じ、刑事裁判の有罪判決に加えて民事裁判においても違法性が認定され、悪
    質性を量刑認定する画期的判決でした。二審もこれを維持する判決が期待さ
    れますが、油断はできません。のりこえねっとも注視していきたいと考えて
    います。です。
    (か)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■のりこえねっと通信 0036号 2014年7月7日発行
    info@norikoenet.org
    発行:のりこえねっと事務局
    運営団体:のりこえねっと

    〒169-0072
    東京都新宿区大久保2-7-1大久保フジビル 311 ペンの事務所気付
    Tel.03-5155-0385/Fax.03-5155-0383

    公式サイトURL http://www.norikoenet.org/
    Twitter https://twitter.com/norikoenet

    (C) のりこえねっと All rights reserved.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。