• このエントリーをはてなブックマークに追加
【のりこえねっと通信0020号】本日22時より、赤石千衣子×北原みのり 「東日本大震 災とシングルマザーたち」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【のりこえねっと通信0020号】本日22時より、赤石千衣子×北原みのり 「東日本大震 災とシングルマザーたち」

2014-03-05 20:06
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■■■■■-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
    ■■■■
    ■■■    のりこえねっと通信 0020号 2014年3月5日発行
    ■■
    ■                        ◆転送歓迎◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――

    賛同者の皆さま のりこえねっと通信をお読みの皆さま

    3月2日、新宿・大久保は霧雨の降る寒い天候でした。それでも午前10時
    には、「差別落書き」を消すのだと80人を超す人が集まりました。9班に
    分かれて、差別落書きを消していきました。絶対にこんな差別落書きを許す
    ものかと、必死に必死に消していく人々。すでに消されている個所もありま
    したが、新たな差別落書きも発見。公道上の停止線に書かれていました。何
    が楽しくて、道の上に落書きするのだろう、危険も伴うと思うですが…。
    それでも東京電力や新宿区の協力も得て、また報道各社にも大きく取り上げ
    られ、今後一定警告効果を生み出し、差別落書きが無くなることを願ってい
    ます。差別落書き消し隊のこの日の活動については、以下のURLに詳しく掲
    載されていますので、ご覧下さい。
    https://plus.google.com/101378006772426123656/posts

    〈今号の目次〉
    1.3月5日のりこえねっとTVのお知らせ
    2.2月26日放映ののりこえねっとTV報告
    3.ヘイトスピーチまんが&シナリオコンテストを実施します!
    4.今後の反レイシズム情報
    5.新聞・雑誌・Webから
    6.のりこえねっと公式ツイッター始めました!
    7.編集後記


    ●1.3月5日(水) のりこえねっとTVのお知らせ

    のりこえねっとTVは毎週水曜日22時から生放送です!!ぜひご覧下さい。

    ◎放送日時 3/5(水) 22:00-23:00
    ◎「東日本大震災とシングルマザーたち 赤石千衣子×北原みのり」

    ◎ニコニコ生放送入口URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv171336597
    ◎放送内容
    ひとり親世帯の貧困は、世界最悪と言われている日本。
    相対的貧困率が58.7%と、 指標を定めているOECD加盟30か国の中で大きく突
    出しています。他の国に比べ、失業率はそれほど高くはないのに、なぜシン
    グルマザーは貧困に陥ってしまうのでしょうか?また、東日本大震災で被災
    したシングルマザーたちは、どのように生き抜いてきたのでしょうか?
    この問題について、NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長の
    赤石千衣子さんにお話しを伺います。聞き手はのりこえねっと共同代表の
    北原みのりさんです。ぜひご覧いただきますようお願い致します。

    ◆視聴方法についてあらためて記載します。
    【視聴方法】
     ▼初回にニコニコ動画に会員登録が必要です。(一般会員は無料です)
      http://www.nicovideo.jp/

     ▼メールアドレスとニックネーム、性別、年齢等のプロフィール、
      パスワードを登録してください。
     ▼そして、以下にアクセスするとのりこえねっとTVをご覧いただけます。
      http://ch.nicovideo.jp/norikoenet-tv

    ※ブロードバンドのインターネット環境、もしくはLTE通信環境のスマート
    フォンなどからもご覧頂けます。あらかじめタイムシフト予約をしていると
    放映後1週間以内はいつでも見ることができます。


    ●2.のりこえねっとTV報告

    ◆2月19日放送
    ◎「なぜ、「愛国者」が憂鬱になるのか 」 
    出演:鈴木邦男共同代表×安田浩一

    『週刊金曜日』とのコラボで共同代表でもある鈴木さんが坂本龍一さんとの
    対談を実現させた『愛国者の憂鬱』(週刊金曜日刊)をベースに本当の「愛国」
    とは何か、ヘイトスピーチを生み出す今の日本を覆う空気は何かなど、ジャ
    ーナリストの安田さんとじっくり語りあいました。

    嫌韓の流れをどうみるかから始まりました。ナショナルな感情の衝突から生
    まれるものは政治的リアリズムからかけ離れたものとなり戦争しか残らなく
    なる。それをどう乗りこえるかとの安田さんの言葉に鈴木さんは、誰もがヘ
    イトデモについて下品だと言うだろうが、そう言いながらもあれも国民の声
    だというところがあり、それが彼らの背中を押しているのだろうと指摘しま
    した。また、子どもっぽい発想から稚拙な議論になっているのは右派として
    のジレンマではないのかという安田さんの問いに、三島由紀夫の叫びがやっ
    と理解されるようになったと見る人がいるが、現在の様相を彼は右傾化では
    なく、思考の後退した単なる後戻りだと評価するだろうと答えました。

    そして安田さんは、取材するとヘイト参加者は愛国者と答えるが、鈴木さん
    との違いは何なのかと問いかけます。鈴木さんは、嫌なことも抱えた個人が
    1億いればもっと多くの事実があるはずなのに、国家となった途端にそうで
    はなくなる。自分を肯定したいのだろうが、失敗も認め、それでもいとおし
    く思う心が愛国心。失敗を見る勇気がないネトウヨのは愛国心ではなくフィ
    クションに過ぎない。排外主義と愛国心は正反対なもので、さまざまな国の
    人々が国を愛する気持ちを理解できるのが愛国心。比較することではない。
    たまたま日本に生まれただけで、自分たちは幸せとかあそこは哀れとかいう
    のは蔑視に過ぎない。生まれた地への素朴な感情の上に国家がある。ところ
    がいきなり国家につながる。家族の中で孤立し、地域で嫌われ、でも俺は国
    を愛している、国家も俺を愛しているというフィクションでしかないと批判
    します。

    安田さんも、本来語るべき地域や家族の話が全く出ずに一足飛びに国家に話
    を飛躍させるネトウヨは、そこで韓国や在日という文言を使ってしか愛国を
    語ることができないと共感します。鈴木さんは、愛国・韓国・在日などの言
    葉を使わずに愛国を語る試みが必要な時と応じます。そして国土を守る点で
    本来右翼が取り組むべき運動だったとして、2・26事件関係者の「彼らが生
    きていたら公害問題だけで革命を起こしただろう」との言葉を引用して右派
    本来の愛国心の有り様を表現しました。

    古典的右派は大衆的運動を嫌ったが、在特会は戦後民主主義的なものを嫌悪
    しながらも自らを市民と名乗って大衆運動に走るところに厭なものを感じる
    と、安田さんは述べます。鈴木さんは、敵を設定しないと愛国や正当性を主
    張できない彼らが都合よく韓国・在日という敵を見つけた。その上に立つ運
    動なので全く異質であり、また憎悪・ヘイトを集中させないと拡大しないの
    だろうと語ります。そして安田さんは、右派的心情の継承もない点に右派的
    愛国者の危機を感じるとも指摘しました。それを受けて鈴木さんは、醜悪な
    差別排外主義に抗するために、一時的であっても幅広い人々が集まって抗す
    る新しい運動が必要だろう。愛国の「気分」だけが正当化される空気、そん
    な形で「愛される」日本はかわいそうと強調しました。

    冒頭の著書は右翼活動家と世界的アーチストの異色対談かつ社会的発言満載
    なので、坂本さんもそれだけ社会への憂いが強かったのだろうと安田さん。
    個人的な不満を政治的に結びつける能力に秀でた自民党が漠然とした右派層
    を取り込んでいくだろう。右派的雰囲気の中で「気分」を楽しんでいるとき
    にも戦争は起こりうるので、その怖さを知る世代はもっと語るべきだ。一方
    はゲーム感覚でしゃべっているからかえって危険と鈴木さん。

    ナショナリズムに結びつく軽い文言を危惧する。「気分」の中で生まれたナ
    ショナリズムと他国のナショナリズムが衝突すると政治的リアリズムを欠い
    た結論しか出てこないことを自覚したいと、最後に安田さんが締めました。


    ●3.ヘイトスピーチまんが&シナリオコンテストを実施します!

    なぜ彼らはヘイトスピーチをするのか、ヘイトスピーチをされた人はどう感
    じるのか。。。
    ヘイトスピーチについて多くの人に知ってもらい、考えてもらうための漫画
    及び原作シナリオを募集します。
    プロ、アマ問いません。素敵な作品をお待ちしています。

    作品受付期間
     (1)シナリオ 2014年3月1日~4月20日  決定4月下旬
     (2)漫画   2014年5月1日~6月20日  決定6月下旬

    詳細は下記のURLをご覧ください。
    http://www.norikoenet.org/manga_contest.html
    http://www.norikoenet.org/common/pdf/2014_norikoenet_manga_contest.pdf


    ●4.今後の反レイシズム情報
    --------------------------------------------------------------------
    ★公式サイト 学習会カレンダーにも順次掲載致します!
    ★http://www.norikoenet.org/workshop.html#callendar
    --------------------------------------------------------------------
    1)日本、韓国、在日コリアンの若者たちの15年の歩みを描く長編ドキュメン
    タリー『笹の墓標』の第一章~第五章連続上映会

    日時:3月7日(金)~9日(日)
    場所:スペース・オルタ(横浜線新横浜駅徒歩7分)
    横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1 上映時間は各日とも
    第一章「朱鞠内」(114分) 10:00~11:54
    第二章「浅茅野」(98分) 12:02~13:40
    第三章「遺族」(109分) 14:00~15:49
    第四章「未来へ」(121分)16:00~18:01
    第五章「私たち」(107分) 18:08~19:55
    8日(土)の上映後20:05~20:50には制作者を迎えて座談の場を設けます。
    入場料;共通5プログラム券2000円(3日で全編を観覧可能)
    共催:森の映画社、スペース・オルタ
    予約・問合わせ:スペース・オルタ(TEL&FAX:045-472-6349)
    http://sasanobohyo.blogspot.jp


    2)連続講座「差別と歴史修正主義」(第4回)
    日本の戦後史と歴史修正主義・レイシズム 排外デモの参加者は「特殊な人
    々」なのか?

    日時;3月9日(日)13:30-16:00
    講師; 能川 元一氏(哲学者) 1965年生まれ。大学非常勤講師
    『週刊金曜日』に「朝鮮人虐殺から『在特会』への記憶の連鎖」(第957号)
    などを寄稿。
    場所;在日韓国YMCAアジア青少年センター
    http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/ (水道橋駅徒歩7分)
    参加費;1回3000円
    申込み;週刊金曜日業務部の原田さんまで電話かFaxにて申し込み。受講料
    は当日支払。
    電話:03-3221-8521 FAX:03-3221-85221
    主催 週刊金曜日


    3)高麗博物館企画展
    「夜明けを求めて-詩と画でつづる独立運動の女性たち」記念講演
    「女性抗日独立運動家を語る」
    日時;3月8日(土)14:00~16:00
    場所:高麗博物館(新宿区大久保1-12-1第2韓国広場ビル)
    参加費:1000円
    講師:李潤玉氏・韓国オリウム研究所所長
    主催:高麗博物館 TEL:03-5272-3510


    ●5.新聞・雑誌記事より

    1)日本の「ヘイトスピーチ」に懸念 米人権報告書
    日本経済新聞 2月28日

     【ワシントン=芦塚智子】米国務省は27日、世界各国の人権状況に関する
    2013年版の年次報告書を発表した。日本に関して、在日韓国・朝鮮人の排斥
    を掲げる団体「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などによるヘイト
    スピーチ(憎悪表現)への懸念を示した。中国や北朝鮮の言論弾圧や人権侵
    害も批判した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2800G_Y4A220C1EB1000/


    2)徹底討論「嫌韓」なぜ、日本人はそんなに韓国が嫌いなのか 
    声に出して言いにくい「日本の大問題」第3回 辛淑玉×小針進×安田浩一
    週刊現代 2月28日

    朝鮮人を皆殺しにしろ?そんな汚い言葉を、一見「普通の人」が吐き出す時
    代。いまやブームとして定着した感のある「嫌韓」の実態と、ヘイトスピー
    チの現場を知る専門家が、議論を交わした。

    根深い日本人の「差別意識」

    安田:ここ数年、「日本では在日(韓国・朝鮮人)が特権を持っている」「在
    日が日本のマスコミを支配している」などの根拠のないデマがインターネッ
    ト上で流され、また韓国を異常なまでにバッシングする「嫌韓」がブームの
    ように広がっています。その拡大は目を覆うばかりです。「在特会」(在日
    特権を許さない市民の会)を中心にしたヘイトスピーチ(差別扇動表現)が、
    ネット上に溢れかえっています。

    小針:'90年代後半からネットが普及したことと、日本における韓国の存在
    感が増したことで、ネット右翼いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちの発
    言が目立つようになってきました。

    辛:当初はネットの世界が中心だった「嫌韓」が、今では路上に出てくるよ
    うになっています。「チョン死ね」「ゴキブリ朝鮮人を叩き出せ」といった、
    聞くに堪えないヘイトスピーチや、朝鮮学校や韓国料理店に対する暴力的な
    嫌がらせが日常的に行われている。レイシズム(人種・民族差別)は、もはや
    一部の特殊な人たちの問題ではありません。

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38462


    3)辺野古反対:ヘイトスピーチに屈せず、大阪行動500回
    沖縄タイムス 3月2日 新里健

    米軍普天間飛行場の県内移設に反対する世論を本土で広げるため、JR大阪
    駅前で10年間、毎週ビラ配りや署名集めを続ける市民団体「辺野古に基地
    を絶対つくらせない大阪行動」が昨年末から右翼団体によるヘイトスピーチ
    (差別扇動)を浴びている。トラブル防止を名目にJRから駅敷地を締め出
    されるなど苦境の中、多くの市民が来援して周辺で粘り強く活動を続け、8
    日に500回を迎える。

    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=63954


    4)模造刀で切り付け、傷害容疑で無職の男逮捕/川崎
    神奈川新聞 3月3日

    県警公安2課と川崎署は3日、傷害の疑いで、東京都台東区、無職の男
    (32)を逮捕した。

      逮捕容疑は、2月2日午後1時55分ごろ、川崎市川崎区のJR川崎駅
    京浜東北線ホームで、都内に住む男性会社員(38)を鉄製の模造刀(刃渡
    り約55センチ)で切り付け、左手に5日間のけがを負わせた、としている。
    同課によると、同容疑者は容疑を認めている。

      同課によると、同容疑者は川崎駅周辺で行われた約40人規模の排外デ
    モに参加。男性がホームで読んでいた対抗勢力のビラをごみ箱に捨てたとこ
    ろ、同容疑者が切り付けた。男性は対抗勢力の活動には参加しておらず、同
    課は男性を対抗勢力と勘違いしたとみて調べている。

    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1403030016/


    ●6.のりこえねっと公式Twitter始めました! @norikoenet

    https://twitter.com/norikoenet

    のりこえねっと公式Twitter始めました。様々な情報を発信していきます。
    ぜひ、多くの方々からのフォローをお待ちしております。
    ご意見やのりこえねっとTVの感想、ヘイト情報、反レイシズムについてなど、
    さまざまな意見をお寄せ下さい。ハッシュタグは #norikoenet です。


    ●7.編集後記

    冒頭でも書きましたが、2日日曜日は「差別落書き消し隊」による差別落書
    き消しが行われました。事前に新宿警察署や新宿区とも折衝しましたが、新
    宿区の担当者は「差別落書きが悪いのは決まっている」と強く断言し、差別
    落書きが区の施設で発見され次第すぐに消すことで、差別の拡散を防止して
    いることを強調していました。このような新宿区の姿勢には賛同するのです
    が、それならなぜヘイトスピーチやヘイトデモは表現の自由で守れられるの
    か?一生懸命消した差別落書きと同じ言葉が、延々と大音量でまき散らされ
    るのは許されるのか。許されるはずはないと思います。
    3月16日には、在特会が豊島公会堂で「特定秘密保護法の活用と発展を目
    指す国民集会」として行われ、終了後「春のザイトク祭り RETURN ~ 勇気
    をもって日韓断交を叫ぼう! ~」というヘイトデモが行われます。私達は
    これを許すわけにはいかないと考えます。詳細は次回の通信でお知らせしま
    すが、大がかりなカウンター行動も予定されています。のりこえねっとも参
    加します。ぜひ共に「レイシズムNO」の声をあげていきましょう。(か)


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ★メールアドレスのご変更等は、info@norikoenet.org までご連絡下さい。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■のりこえねっと通信 0020号 2014年3月5日発行
    info@norikoenet.org
    発行:のりこえねっと事務局
    運営団体:のりこえねっと

    〒169-0072
    東京都新宿区大久保2-7-1大久保フジ
    ビル 311 ペンの事務所気付
    Tel.03-5155-0385/Fax.03-5155-0383

    公式サイトURL http://www.norikoenet.org/
    Twitter https://twitter.com/norikoenet

    (C) のりこえねっと All rights reserved.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。