• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

第361号(2015年1月8日号)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第361号(2015年1月8日号)

2015-01-08 12:30
    『NEWSを疑え!』第361号(2015年1月8日号)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【価格】1,000円/月(購読料のうち半分は、研究所の活動に対する維持会費とお考えいただき、ご理解をいただければ幸いに存じます。) 
    【発行日】2015/1/8
    【発行周期】毎週月曜日、木曜日
    【次回配信予定】1/15
    ──────────────────────────────────────────
    【お知らせ】 
    12日(月曜日)は祝日のため、お休みとさせていただきます。
    次回配信は1月15日となりますので、ご了承ください。
    ──────────────────────────────────────────
    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────
    【今回の目次】 
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye) 
    ◇◆自衛隊が治安維持に出動するとき 
    ◆抜かれずにきた『伝家の宝刀』 
    ◆これが治安出動の訓練だ 
    ◆自衛隊制服組が治安出動に反対 
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye) 
    ・イスラエルのエネルギー戦略が挫折する? 
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之) 
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye) 
    ・「イスラム国」の情報不足に悩む米軍(西恭之) 
    ◎編集後記 
    ・読売の「訂正記事」の真実

    ──────────────────────────────────────────
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ──────────────────────────────────────────
    ◇◆自衛隊が治安維持に出動するとき

    国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川 和久

    Q:今号は2015年最初のストラテジック・アイです。安倍晋三政権が集団的自衛権の行使容認を閣議決定した昨年7月1日以来、御嶽山噴火などもあって、自衛隊の出動や自衛隊法への関心が高まりました。2015年は議論がいっそう深められ、法改正や制度整備が進みそうです。自衛隊の出動について、考えを聞かせてください。

    小川:「自衛隊の出動や行動については、当メルマガ第290号(2014年4月3日号)のストラテジック・アイ『どんな場合に自衛隊は出るのか』でも概観しました。そのうち、国民があまり身近に感じていないものに治安出動があります」

    「実は私は、少年自衛官だったとき治安出動の訓練を受けたことがあります。また、55年ほど昔の当時は、治安出動は現在よりはるかに切迫した自衛隊の活動の一つで、実際に出動が検討されたこともありました」

    「自衛隊の治安出動は、警察の力ではどうにもならないとき、騒乱などを鎮圧し治安を維持するために発動されます。過去に出動命令が出たことはなく、国民を対象として自衛隊が治安出動に出ることなど、あってはならないことです」

    「しかし、それだけに治安出動とはどんなものなのか、かつて訓練を受けた人間として、話しておきたいと思います」

    ●『NEWSを疑え!』第290号(2014年4月3日号)
    ストラテジック・アイ(Strategic Eye) 
    どんな場合に自衛隊は出るのか
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。