• このエントリーをはてなブックマークに追加
普天間移設――辺野古の建設費は高すぎる - 第298号(2014年5月1日号)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

普天間移設――辺野古の建設費は高すぎる - 第298号(2014年5月1日号)

2014-05-01 13:20
    『NEWSを疑え!』第298号(2014年5月1日号)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【価格】1,000円/月(購読料のうち半分は、研究所の活動に対する維持会費とお考えいただき、ご理解をいただければ幸いに存じます。) 
    【最新発行日】2014/5/1
    【発行周期】毎週月曜日、木曜日 

    ──────────────────────────────────────────
    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────
    【今回の目次】 
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye) 
    ◇◆普天間移設――辺野古の建設費は高すぎる 
    ◆比較すればわかる「飛行場の相場」 
    ◆業者主導で価格が決まる 
    ◆米ゼネコンは軍用飛行場を1年半で建設 
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye) 
    ・米軍は北朝鮮発のパンデミックに備える 
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之) 
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye) 
    ・中国も海底から潜水艦を監視するというが…(西恭之) 
    ◎編集後記 
    ・日本国憲法を違った角度から眺めてみる

    ──────────────────────────────────────────
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ──────────────────────────────────────────
    ◇◆普天間移設――辺野古の建設費は高すぎる

    国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川 和久

    Q: 2014年4月27日、沖縄市長選が投開票され、元自民党県議の桑江朝千夫氏(自民・公明推薦、民主・維新支持)が当選しました。12月までに沖縄県知事選も予定され、今年は米海兵隊普天間飛行場の辺野古移設問題が大きく動きそうです。そんななか、この3月には移設先の辺野古飛行場の総工費は3500億円以上、という話が出てきました。今回は、これについて考えを聞かせてください。

    小川:「実は、名護市辺野古に新しく建設する飛行場の『総工費』を日本政府が公表したのは、今回が初めてです。これまで政府は、沖縄県に提出した書類などで、埋立工事費だけについて約2311億円としてきました」

    「きっかけは3月13日、参議院外交防衛委員会における藤田幸久議員(民主党)の質問です。答弁に立った小野寺五典・防衛大臣は、滑走路や管制塔その他の建設費や環境整備費などを含めた総工費が少なくとも3500億円以上と見込まれることを、初めて明らかにしました。この政府答弁を引き出したのは、藤田幸久議員のお手柄です。藤田さんのブログ記事と『琉球新報』の記事を引用しておきましょう」
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。