• このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新サービス業が市場で活躍

2017-06-14 00:59
    df1d0897afb04c4dc05eacbe24c6a312_s.jpg


     4月、5月と月次売上が期待を裏切ったにも関わらずシロアリ防除のアサンテ(6073)の株価はこのところ堅調に推移しています。前期は人材の先行投資を思い切って図ったこととその効果が遅れたことで業績が下方修正されましたが、同社の場合は退職給付引当金の影響もあって期初から減益見通しを示していましたので、株価には相当に織り込まれていたと見られます。
     投資家は中長期視点での投資に重点を置いた国内外の機関投資家や配当利回りの高さを目当てにした個人投資家だと推察されますので株価の変動は小さくなっています。
     何よりもIR活動に熱心なことも株価の安定感を増しています。ただ、ローリング方式で毎年見直しをしている中期計画目標がやや慎重になった点は気になるところではあります。


     同社に限らずこのところはアクアライン(6173)、三機サービス(6044)、シンプロメンテ(6086)などメンテナンスサービス系の企業の株価が堅調に推移しています。
     このほかKeePer技研(6036)やジャパンエレベーターサービスHD(6544)などもメンテナンス系サービス会社と言えます。

     社会資本が老朽化する中でメンテナンスやリフォームといったサービスが今後も活躍する素地は十分にあると思われます。


     本日は奇しくも大手鉄鋼、自動車メーカー向け機械設備メンテナンスで着実な成長を続ける特殊電極を相川伸夫氏が熱く語っているようです。ぜひご高覧賜りましたら幸いです。


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。