• このエントリーをはてなブックマークに追加
最新有料メルマガから「集中投資を行うと決めキャッシュを40%程度まで高めた」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

最新有料メルマガから「集中投資を行うと決めキャッシュを40%程度まで高めた」

2018-06-16 04:24
    78ecfb7b8a6fcc4de20dcce24ccc87fa_s.jpg


     今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
     自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


    =コラム「集中投資を行うと決めキャッシュを40%程度まで高めた」=
     (有料メルマガ第485回・2018/6/12配信号)



    【前略】


    やっと偶然稼げる投資家から、当然に稼げる投資家へのステップアップが出来そうになってきました。運が実力の全ての投資家から、自分の実力でも稼げる部分が増加してきました。これはうれしい成長です。


    『初心わするべからず。』


     若いころ尊敬する先輩から教えられたのか、または本からか学んだ、どこで聞いたか正確には思い出せないのですが、聞いた内容だけは鮮明に覚えています。

     初心という言葉は世阿弥が「花伝書」なかではじめて使った言葉のようです。いまはものごとを始める時の心構えのように使われていますが、世阿弥のいう初心は違うようです。

     『ある人が「能を極めよう」と決心して、何年も何年も修行を積み、そのうち、ある時、自分でも納得のいく能を舞うことができる。

     初心とは「ああこれで自分もそこそこ一人前になった」と思い、その道の面白さが分かりかけてきた瞬間のことを指す』のだそうです。

     株式投資でも仕事でも、はじめからすべてを自分で作り上げることは不可能です。だから学んで、まねしていくことは大切だと思います。ただすべてをまねしていては進歩が有りません。だから少しずつ自分流を付加して、工夫していけばいいのだと考えています。それが独創性につながると考えています。


     他人の投資をまねることに躊躇される購読者がおられたら、発明王エジソンの言葉を贈ろうと思います。

     エジソンは世界でも有数のコングロマリット(複合事業企業)であるゼネラル・エレクトリック社を作った人です。オリジナルの最高峰とも考えられています。しかしエジソンは他人のアイデアを学んで多くの発明を生み出しているのです。

     「誰か他の人が用いて成功した真新しくて興味深いアイデア。そういうアイデアを探すことを習慣にしなさい」そして「あなたのアイデアは、いまあなたが実際に抱えている問題の応用においてオリジナルで創造的であればよい。」


    【中略】


     また、企業でも人でも成長を続けられるのは「未来への欲」をもてるかどうかだと思います。現状に危機感をもって、または今の自分の状況に対し「もっと上手にできる、よいものをつくれるはずだ。もっと上手に株式投資を行えるはずだ。」このように考えてチャレンジを続けられる人だけが成長していけると感じています。

     「あ~自分もけっこういいところまで来たな~、上手になったじゃないか」と思った途端に成長は止まってしまいます。


     世阿弥のいう初心は、その道の面白さが分かりかけてきた瞬間のことを指すのだそうです。
     そこからが本当のスタートということだと教えられました。

     未来への欲を大いにかいて、一歩一歩前進して行きたいと孔子の論語にある『耳従う』歳になって、やっと考えることができるようになったのかもしれません。


    【後略】


    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


    【内需100%!動意づいてきた安定収益でキャッシュリッチな割安企業を研究!!】


     本日配信の有料メルマガでは、キャッシュリッチで安定した収益を上げる事業を持ち、低PER低PBRであり、年初来高値を更新するも、まだまだ割安な内需100%の企業を研究しています。

     また、コラムでは、「私は集中投資を行うと決め、6月に入ってから個人で運用している株に関しては、キャッシュを40%程度まで高めました。そして投資銘柄も6月8日の段階では昭和電工1社に絞り込みました。この40%に増やしたキャッシュでは、半分を東海カーボンを買い戻すのに使い、残りの20%では9月の優待株や、どんな投資環境になっても、確実に黒字を稼げる主に内需株に分散投資を再開しようと考えて、投資候補の企業を再調査しています。」と題し、本日億近掲載の自身の経験談に加え、先日来フォローしているカーボン関係の取材内容を含むウオッチ続編をレポート。

     さらに、今後の研究銘柄候補5銘柄を挙げています。

     購読をお待ちしております。


    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     銘柄研究 ニチリン(5184)
     ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


    過去サンプル(コラム)
     増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
     安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
     割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
     現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)



    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)



    lowerbanner02.jpg



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。