• このエントリーをはてなブックマークに追加
小説「株仲間のぼやき(その4)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小説「株仲間のぼやき(その4)」

2019-07-23 18:18



     晴海トリトンスクエアはWからZまで4つの建物で構成された一つの街である。
     そこにはオフィスはもちろん、レジデンス、小売店、スーパー、飲食店、銀行などもあり日々賑やかに人の往来が見られる。

     トリトンブリッジを渡ってすぐのところにある2階につながるエスカレーターを上がり、見渡すと各建物につながっている巨大ホールの存在感に圧倒される。

     その中の一つであるX棟で開かれる晴海トリトン株同好会では会長の田崎とその友人で会の盛り立て役であるキャバクラ好きの与太慎一の明るい声が響き渡っていた。


    与太:「会長、もう予定開始時間を10分も過ぎてまっせ。多摩ちゃんの話は良いから、そろそろ始めましょうよ。」

    会長:「わかったよ。与太さん。今日はいつもよりお客さんの数が多いんで張り切っていきますよ。」


    「皆さん、本日もお集り頂き有難うございます。株は山あり谷あり、波乱万丈の世界ですが、このところの米中貿易摩擦で皆さんの運用はいかがでしょうか。今日は新会員の方にもお見え頂いておりますので最初にご紹介しておきます。あのバズーカ砲トークで有名な経済評論家の下年(けねん)翼さんです。それでは下年さん、一言で!!構いません。ご挨拶願います。」

    下年:「皆さん、宜しくお願いします。下年と申します。バズーカ砲!!今日も一発発射しました。経済評論家はしてますが、株では逆神と言われ、儲かった試しがありません。私も今日から皆さんのお仲間に加えさせて頂きますので宜しくお願いします。
     とにかく株は難しい。なかなか良い銘柄に出会わないのでこの会で巡り合いたいと思います。・・・」

     この後下年はまさにバズーカ砲のごとき言葉を10分にわたり放ち続けていた。

     会場に足を運んでいた会員の多くが何やら疲れのようなものを覚えようかというその時、会場にきらりと一筋の光が差した。
     女性会員の少ないトリトン株同好会だけにその輝きはまばゆいばかりだった。


    会長:「アッ、五奥さん。どうぞどうぞ。皆さんお待ちかねですよ。」

    と会長の田崎が手招きして迎え入れるとそこにあつまった会員の視線が彼女に注がれた。その中でもとりわけキャバクラ好きの与太の目の色が変わった。


    会長:「下年さんのお話の途中ですが、丁度今、株女子として売り出し中の五奥さんがお見えになりました。今や動画投稿サイトの閲覧回数20万を超える人気の株女子の中でもひときわ人気の株女子です。五奥さんにもご挨拶願い
    ます。」

    五奥:「皆さん、こんにちは。株女子の五奥です。今日は田崎会長のお招きを頂きやって参りました。取材先から直に参りましたので少し遅れてしまいましたが、宜しくお願いします。」


     五奥が色気たっぷりに挨拶をするものだから、与太の心は既に夢心地。
     ちゃっかりと彼女の隣に席を陣取って話の続きに耳を傾けた。


    五奥:「田崎会長にはいつもお世話になっております。ですからトリトン株同好会の皆様に何かお役に立てられればと思って今日はやって来ました。ところで皆さん、最近、株で儲かってますか?きっとなかなか儲かってないんじゃないですか。」

    与太:「そうなんです、五奥さん。この会は株大好きな会長を慕って集まって頂いている同好会ですが、会長のご託宣であるバリュー株に添い寝してしまったのでね、大きなやられもない代わりに儲けも少ないというのが現状なんです。今や目の覚めないバリュー株を介護しなきゃならん。そんな状況を何とかしようと今日は特別会議を本格的に開催しようと皆さんに集まって頂いたと言う訳です。申し遅れましたが私はこの会の発起人の一人である与太慎一と申します。以後お見知りおきを願います。」


     与太は敢えて目立つように会長のような発言を五奥の前でして見せた。


    会長:「五奥さん、与太さんの言う通りです。それは私の不徳の致すところではあります。何しろ建設セクターのバリュー銘柄にたくさん投資してしまい身動きが取れなくなってしまいました。そんな事情で五奥さんにも加わって頂き、楽しいお話をお聞かせ願えると有難いです。」

    五奥:「はい、承知しました。皆さん、建設セクター銘柄でお困りなのですね。東京オリンピック開催決定で3年以上も株価が上がった銘柄群だけに仕方がないのかも知れませんね。でも皆さん、今日は私からとてもホットで夢のある話題を提供しますから宜しくお願いします。」


     五奥がそういうとまた、会場の入口から入ってくる人の姿が見えた。手にはスーパーの袋と日の丸のついた扇子、スーツの左肩の近くでは日の丸のごとき赤く丸い宝石がキラキラと揺れながら輝いている。その男こそ証券アナリストの円創 守だった。

     会長は円創の姿を目にすると、ニッコリと笑顔で目くばせした。


    会長:「本日は五奥さんのほかにアナリストで本会のストラテジストでもある円創さんにも後で加わってもらいますから宜しくお願いします。」


     円創は株同好会の隣にあるスタジオで動画投稿サイトで視聴できるアナチャンという株番組の収録を行っていた。今日も収録担当の北原照夫に促されるようにスタジオの席について、隣の会場のことなどお構いなしに話はじめた。
     アナチャンは約10分の短い番組。短い時間でアナリスト円創が注目する銘柄を話をし、それが株価に影響もするからこのところ視聴者の数がうなぎ上りで増加していた。

     かん高い円創の声がスタジオの外まで響き渡り、株同好会の会員の耳にも入ってきた。


    円創:「皆さん、今日は。円創守です。AI関連銘柄のアクセル(6730)は私が大化け候補銘柄としてアナチャンで取り上げて以来、500円台から750円まで急騰を演じましたが、その後を追いかける可能性のあるバーチャレクスホールディングス(6193)についてお話していきたいと思います・・・。」


     アナチャンの収録内容が一般の方が視聴できるのは翌日の昼頃。株同好会に来るとそれが少しだけ早くわかるという特権があった。

     株同好会に集まった会員には短期で動く銘柄に目がない億田直気の姿があった。億田は手にもったメモ帳に聞こえてくる円創の話す銘柄をメモしていた。

    (この後は私の有料メルマガにてお楽しみ下さい。お申込みはお早めにお願いします。)
     有料メルマガ「炎の投資情報」ご案内ページ http://www.honohfm.com/


    (次回に続く・・・)
    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)




    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。