• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(56)投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(56)投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか

2013-04-03 23:06
     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載いたします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。

    ==「投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか」==
      (有料メルマガ第67回・2010/4/6配信号)


    【前略】※注 2010年4月現在の内容ですので留意下さい。

     しかし、急速に運用成績が向上してきたからといって、イケイケドンドンでは危険だと気を引き締めています。私自身、2008年に蒙った株式投資による大 きな資産減少のマイナスを、やっと1年3ヶ月をついやして株式運用分だけで回復したことをうけ、自分のブログに以下のようなことを書きました。

    (引用開始)
    2008年末の株式投資による損失は40%近くまでいきました。このときはさすがに配当優待分を計算する気力もなくなって、途中から優待と配当を加えていない数字です(苦笑)
     2009年は41%ほど株式投資によって資産が増えましたが、計算の元になる額が小さくなってしまっているので2007年の末の資産残高には全く届きません。
     当たり前の話で100あったものが40%減って60%になれば、60になります。60が41%増えても84.6までしかもどりません。
     2007年末の元の残高100に戻るためには2008年末の減ったところからは66.7%も増えないと元に戻らないわけです。
     踏ん張り続けて、やっと原点復帰を果たしましたが、大きく減った後に投資額を更に減らさないように、守りに入って株式市場から資金を回収しないで、株式に投資すると決めた資金はフルインベスト状態を続けてきて良かったと思います。
     しかし2007年のように大きく資産を減らすと、そのあと戻すのがとても大変です。このように大きく減らしては、やはりいけないのだと痛感します。

    (引用終了)

     ゴールド投資、不動産投資のおかげで、運用全体では2009年末には2008年のマイナスは回復できていましたが、『株の損は株で取り返したい』というのは株式投資家にとっての、当然の思いです。その目標をとりあえず達成できたことに感謝したいと思います。

     しかし株価は上下に変動し、アメリカの景気の回復が本格的になれば、いままで各国政府や中央銀行が行っていた超低金利政策は見直され、金利の引き上げに より、株価が一時的に低迷することも考えられます。また金利の上昇により、アメリカやヨーロッパの景気回復が頓挫する可能性も無いとは言えず、無視するわ けにはいきません。日本の政治的混迷や、企業業績の先行きも安心できる状況ではありません。

     せっかく回復してきた株式資産を、再度大きく減らさないためにはどうしたらよいのか。どのような銘柄に投資をするのがよりベターなのか。そのようなことをコラムを中心に考えていきたいと計画しています。

    【後略】

    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎

    ★有料メルマガはこのほかにも特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」があります。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。

     本日配信の有料メルマガでは、国内外の建築関連で強い商材を持ち、過去数期にわたって増益しており、今後数年間にわたり好調が予想されるのに株価が低迷していて割安な企業を、研究銘柄として掲載しています。
     また、コラムでは、最終的に大きな利益を確保できる戦術の続きや、現在ウオッチしている有望とおぼしき銘柄情報などに言及しております。
     今週金曜までに購読された方には、もれなく今週配信号も差し上げます。
     是非この機会にご購読下さい。

    ■石川臨太郎の有料メルマガ、
     研究銘柄のパフォーマンスが引き続き絶好調です!■

    2012年4月~12月の【39銘柄中、35銘柄が上昇】

    2012年4月~6月:
     13銘柄中11銘柄上昇! 上昇平均37.98% 最大79.86%

    2012年7月~9月:
     13銘柄中11銘柄上昇! 上昇平均26.91% 最大88.03%

    2012年10月~12月:
     13銘柄の全てが上昇!  上昇平均42.88% 最大96.28%

    また、コラムで触れた銘柄も2月掲載分だけで8銘柄が2ケタ上昇!

    ※数値は3月21日現在。

    このパフォーマンスとクオリティをぜひ体感してください。
    ご購読をお待ちしております

    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

    過去サンプル(コラム)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4222
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4256

    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆 様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化して いる可能性があります。)

    このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
    是非ワンクリックをお願いいたします!
    http://clap.mag2.com/baicraeclaクリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


    JUGEMテーマ:株・投資



    億の近道2013/04/02


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    投資情報メールマガジン                   2013/04/02

                 イ意 の 近 道

             -プロが導く「億」資産への近道-   週5回発行
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    【ご挨拶】
     将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
    したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
    指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
    の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

       ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

    ===================================

                 -本日の目次-
              (本日の担当:石川臨太郎)

       ◆コラム「有料メルマガライブラリから(56)」:石川 臨太郎

    ===================================

    ◆コラム「有料メルマガライブラリから(56)」

     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
    ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を再編集して毎週掲載い
    たします。自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
    ないことを予めご了承下さい。

    ==「投資という戦闘を実行する兵士としての自分をいかに鍛えるか」==
      (有料メルマガ第67回・2010/4/6配信号)

    【前略】※注 2010年4月現在の内容ですので留意下さい。

     しかし、急速に運用成績が向上してきたからといって、イケイケドンドンで
    は危険だと気を引き締めています。私自身、2008年に蒙った株式投資によ
    る大きな資産減少のマイナスを、やっと1年3ヶ月をついやして株式運用分だ
    けで回復したことをうけ、自分のブログに以下のようなことを書きました。

    (引用開始)
    『2008年末の株式投資による損失は40%近くまでいきました。このとき
    はさすがに配当優待分を計算する気力もなくなって、途中から優待と配当を加
    えていない数字です(苦笑)
     2009年は41%ほど株式投資によって資産が増えましたが、計算の元に
    なる額が小さくなってしまっているので2007年の末の資産残高には全く届
    きません。
     当たり前の話で100あったものが40%減って60%になれば、60にな
    ります。60が41%増えても84.6までしかもどりません。
     2007年末の元の残高100に戻るためには2008年末の減ったところ
    からは66.7%も増えないと元に戻らないわけです。
     踏ん張り続けて、やっと原点復帰を果たしましたが、大きく減った後に投資
    額を更に減らさないように、守りに入って株式市場から資金を回収しないで、
    株式に投資すると決めた資金はフルインベスト状態を続けてきて良かったと思
    います。
     しかし2007年のように大きく資産を減らすと、そのあと戻すのがとても
    大変です。このように大きく減らしては、やはりいけないのだと痛感します。』
    (引用終了)

     ゴールド投資、不動産投資のおかげで、運用全体では2009年末には20
    08年のマイナスは回復できていましたが、『株の損は株で取り返したい』と
    いうのは株式投資家にとっての、当然の思いです。その目標をとりあえず達成
    できたことに感謝したいと思います。

     しかし株価は上下に変動し、アメリカの景気の回復が本格的になれば、いま
    まで各国政府や中央銀行が行っていた超低金利政策は見直され、金利の引き上
    げにより、株価が一時的に低迷することも考えられます。また金利の上昇によ
    り、アメリカやヨーロッパの景気回復が頓挫する可能性も無いとは言えず、無
    視するわけにはいきません。日本の政治的混迷や、企業業績の先行きも安心で
    きる状況ではありません。

     せっかく回復してきた株式資産を、再度大きく減らさないためにはどうした
    らよいのか。どのような銘柄に投資をするのがよりベターなのか。そのような
    ことをコラムを中心に考えていきたいと計画しています。

    【後略】

    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎

    ★有料メルマガはこのほかにも特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が
     あります。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。

     本日配信の有料メルマガでは、国内外の建築関連で強い商材を持ち、過去数
    期にわたって増益しており、今後数年間にわたり好調が予想されるのに株価が
    低迷していて割安な企業を、研究銘柄として掲載しています。
     また、コラムでは、最終的に大きな利益を確保できる戦術の続きや、現在ウ
    オッチしている有望とおぼしき銘柄情報などに言及しております。
     今週金曜までに購読された方には、もれなく今週配信号も差し上げます。
     是非この機会にご購読下さい。

    ■石川臨太郎の有料メルマガ、
     研究銘柄のパフォーマンスが引き続き絶好調です!■

    2012年4月~12月の【39銘柄中、35銘柄が上昇】

    2012年4月~6月:
     13銘柄中11銘柄上昇! 上昇平均37.98% 最大79.86%

    2012年7月~9月:
     13銘柄中11銘柄上昇! 上昇平均26.91% 最大88.03%

    2012年10月~12月:
     13銘柄の全てが上昇!  上昇平均42.88% 最大96.28%

    また、コラムで触れた銘柄も2月掲載分だけで8銘柄が2ケタ上昇!

    ※数値は3月21日現在。

    このパフォーマンスとクオリティをぜひ体感してください。
    ご購読をお待ちしております

    有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
    詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

    過去サンプル(研究銘柄)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

    過去サンプル(コラム)
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4222
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245
     http://okuchika.jugem.jp/?eid=4256

    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
    ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
    の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
    当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
    変化している可能性があります。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。