• このエントリーをはてなブックマークに追加
リスク(標準偏差)を上げずにリターンをあげる方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リスク(標準偏差)を上げずにリターンをあげる方法

2020-04-03 23:21



     コロナ対応が収まりを見せない中で、皆様どのように資産運用と向き合っておられるでしょうか。

     前回、前々回とマーケットの悪い中で投資家としてどのように振舞うべきかという所を書いてきましたので、今回は別の話。


     最近、お客様の相談に乗っている中でよく検討する手法の一つに、
    「法人を設立して、個人所得の一部を法人の売上に移すことによって所得税を減らす」
    スキームを提案することが良くあります。

     これは、個人の所得税の税率が

     課税される所得金額          |税率 |控除額
     195万円以下            | 5%|        0円
     195万円を超え~330万円以下   |10%|   97,500円
     330万円を超え~695万円以下   |20%|  427,500円
     695万円を超え~900万円以下   |23%|  636,000円
     900万円を超え~1,800万円以下 |33%|1,536,000円
     1,800万円を超え4,000万円以下|40%|2,796,000円
     4,000万円超           |45%|4,796,000円

    と累進課税であるのに対して(実際にはこれに住民税10%が加算される)、法人の法人税は利益の約30%が実効税率であることから、個人で課税される所得金額が900万円を超えてくるようであれば、家族内で所得を分散したり、法人にあえて利益を残して法人税を支払った方が、税務的には外部流出が下げられます。

     資産運用の場合でも、個人で受け取る配当金やキャピタルゲインは20%の源泉分離課税ですが、法人の場合には、普通に配当金もキャピタルゲインも法人の益金(利益)として計上されますので、その後に経費を計上することが可能です。

     個人では配当、売却益のどちらに関しても確定的であるのに対して、法人であれば、経費控除前の利益となるので、その後PLの中で経費化を考える余地があるわけです。


     一方で、利益に関しては法人は約30%課税されますので、利益体質の強い法人ではこのスキームは税務的にはあまり有効に機能しません。

     したがって、有価証券の運用に関しては、個人が良いのか法人が良いのかはケースバイケースで考えることになります。


     このようにスキームを変化させることで、税務を工夫することで資産運用のようにリスク(標準偏差)を取ることなく、ゼロリスクでリターンを上げることが可能となります。


     今回の相場で、下がった金融資産は、個人から法人に資産移転をするチャンスでもあります。


     ぜひ、コロナで自宅待機も増える中で、一度税務的なスキームの見直しも検討されてみてはいかがでしょうか?


    株式会社マネーライフプランニング
    代表取締役 小屋 洋一


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

    https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html


    ■小屋洋一の資産運用メール講座■
     資産運用についてメール講座で学びませんか?
     これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
     資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

    詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



    ■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


    小屋です。

     先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンラインコンテンツを作成しました。

     今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで55,000円で提供しています。

     これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっております。

     もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


    ●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

    https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

     税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
     金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
     節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

    【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
     1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
     2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
     3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


     当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけでなく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、またはわからない点を後から学習することができます。

     適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウハウを全公開しています。

     ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていただきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
     会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


    【小屋洋一プロフィール】

     株式会社マネーライフプランニング代表。
     慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
     卒業後リース会社に就職。

     2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産投資実務についても研究。

     2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした株式会社マネーライフプランニングを設立。

     現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
     投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

    『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
    テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
    NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

     CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
     一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
     首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


    【こんな方にお勧めします!】

    ・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
    ・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
    ・具体的な節税方法について知りたい方
    ・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
    ・効果の高い保険商品を知りたい方
    ・どのように運用をすべきか知りたい方
    ・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


    【講座概要】

     講義時間数:9.5時間。
     節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

     個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
    (リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

     面談内容:
     【1回目】ヒアリング
     【2回目】分析結果提示
     【3回目】対応策の提示

     面談時間:各1時間~2時間を予定しております。

     アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属のファイナンシャルプランナーになります。
     なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

     面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用いただけます。


    株式会社マネーライフプランニング
    小屋 洋一

    banner02s.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。