• このエントリーをはてなブックマークに追加
日銀のETF買いが株価を支える
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日銀のETF買いが株価を支える

2020-05-13 15:24
    49c5bda340866f2d1c981d5b69b4d850_s.jpg



     日本株の強さはNYダウやNASDAQ指数が堅調なこともさることながら日銀によるETF買いが下支えをしていることが背景になっていると推察される。

     2010年に年4500億円に過ぎなかった日銀ETF購入額は2013年1兆円、14年3兆円、16年6兆円と拡大。更に今回はコロナ対策で年間12兆円に膨らんでいる。日本の主要企業はいつの間にか日本国の連結子会社
    とも言うべき日銀の持分法会社の位置付けとなり、その勢いは更に勢いを増しつつある。しかも今のところ売ることはない安定投資家の買いで浮動株が吸い上げられたいびつな構造になっている。


     日経平均をリードするというファーストリテイリング(9983)は既にオーナーである柳井氏及びその親族分の持ち株比率30%を日銀の保有が上回っていると推察され、これが業績とは無関係に株価の上昇基調を堅持させる要因となっていることは容易に理解できる。
     つまり、ファーストリテイリングはもはや国有企業とも言える存在なのだ。
     この構図は日銀による相場下支えを意図したETF買いが続く限りは継続する。
     このことは今、苦境にあると伝えられている投資会社としてのソフトバンクG(9984)にも当てはまる。

     日銀による株式買い支えが明確になったからこそ恐慌とも言うべき経済環境下でも日本株が強いという現実を改めて認識することになったと言える。


    (炎)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    honoh_01.jpg
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。