• このエントリーをはてなブックマークに追加
市場潮流
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

市場潮流

2021-09-15 13:28
    cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



     今週(9月6~10日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で1253円73銭上昇し(率にして4.30%の上昇)、3万381円84銭で取引を終えました。3週連続の上昇で、週間の上昇幅は2週連続で1000円を超えました。

     前週の地合いを引き継ぎ、日経平均株価は8日(水)まで8営業日連騰。
     8日の日経平均株価は3万181円で取引を終え、8月18日(3万216円)以来、およそ6カ月ぶりの高値となり、節目の3万円を回復しました。
     東証株価指数(TOPIX)も年初来高値を更新しています。

     急反騰の原動力は、国内の政局の急展開に伴う海外勢を中心とする先物の買い戻しのようです。
    1)菅首相の総裁選不出馬に伴う新たな首相の下での経済政策展開への期待
    2)足元での新型コロナの感染拡大の一服
    3)10月末から本格化する国内主要企業の21年度上期決算発表への期待
    なども株価の押し上げ要因となっています。


     政治の面では、菅首相の退陣で、自民党の総裁選後に予定される衆院総選挙で与党が大敗するリスクの低下が見込まれており、先週まで述べましたように、「衆院総選挙時には株価が上昇する」とのアノマリー(過去の経験則)が意識されています。
     また、「例年10~12月には株価が上昇する」といった季節的習性への期待もあるようです。また、国内主要企業の業績については、一段の改善期待に加え、増配など株主還元への期待も高まっています。


     米国や中国の景気減速、新型コロナの感染状況、半導体不足や輸送コストの上昇などのリスク要因は気になりますが、日本株は当面出遅れ修正の局面が続くとみています。


    (水島寒月)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


    ■【有料メルマガ「バリュー&グロース銘柄発掘情報」好評配信中!】

     水島寒月氏が、その時々の注目銘柄の中からバリューもしくはグロースの企業をピックアップし、分析します。スタンスは中長期投資です。

     ぜひあなたの株式投資ライフにお役立てください。

     バックナンバーはこちら⇒ https://note.com/okuchika/m/m1e63ff3b24ab

     発行:毎月第1第3火曜日配信(休日の場合は翌営業日配信)
     購読料:11,000円/2ヶ月

     お申し込みはこちら⇒ http://bit.ly/valuegrowthmag
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。