• このエントリーをはてなブックマークに追加
有料メルマガライブラリから(432)「自分のリスクを自覚して恐れながらの判断で投資家として成長」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

有料メルマガライブラリから(432)「自分のリスクを自覚して恐れながらの判断で投資家として成長」

2022-06-23 16:12
    4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



     有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
     自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
     なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


    ==「自分のリスクを自覚して恐れながらの判断で投資家として成長」==
      (有料メルマガ第182回・2012/06/26配信号)


    ※注 2012年6月現在の内容ですので留意下さい。


    【前略】

     社会にあるいろいろなシステムもそうですが、投資などの資産のポートフォリオも、それを構成するファクターが多様であればあるほど安定的だということを、しっかりと意識しつつも、収益力と財務的な堅牢さを併せ持つ銘柄が、大きく投げられている状況で、更に株価が下がるリスクに敏感になりすぎて、市場の動きに付和雷同すると、投資環境が改善に向かい、投資した業績の良い企業の株価が回復している流れを取り逃がしてしまう可能性も高まります。

    【中略】

     株式市場というのは、人間の欲望を変数として機能している制度なので、わずかな入力の変化が劇的な出力の変化を生み出します。だから『予測不能』であると言って間違いではないと思います。ユーロはまだまだ不安定なので、いつか自分が投資したかった輸出関連の大型株が、また下がってくる可能性も充分あります。先週の木曜日までは大きくリバウンドしていた輸出大型銘柄が、今週には安く投資できるチャンスが来るかもしれません。

     しかし、買い増した途端に、更に株価が下がってしまうリスクも大いにあると感じています。リスクを、怖さを、感じる感覚は大切です。しかし「自分の怖いという感情」に付和雷同した投資行動、すなわち不条理な状態に耐え切れずに焦ったり、捨て鉢になって衝動的投資行動を行うのは危険極まりない行為です。

    【中略】

     私は、預貯金なども投資の一種だと考えています。ほとんど利息を生まない預貯金などに投資しておいて、ハイパーインフレで価値が暴落したら年金生活が脅かされるので、株を売って現金にするよりも、高配当の資産株に現金の代わりで投資しておくほうが良いと考えて、高配当銘柄にも資金を配分しています。

     どんな投資にもリスクは有ります。預貯金はインフレに対しては一番弱いリスク資産です。ゴマのように小さな利息しか生まない現預金に投資して、インフレに脅えているのも投資なら、投資マインド消滅による需給悪化で株価が下落する可能性に脅えながら株を持っているのも投資です。

     自分がどのようなリスクを取っているのか、そして、そのリスクは自分の経済状態から判断して、取っても良いリスクなのかどうかを自分で充分吟味して決断し、投資を実行する。自分のリスクをきちんと管理しておくことが、生き残りの秘訣です。どのようなリスクを取るかは自分の考え次第になると思います。


    【後略】


    経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


    ■□この有料メルマガの全文が読めます!

     ステラ ケミファ(4109)の詳細レポートと、コラムの構成です。
     以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

      こちらから ⇒ https://bit.ly/rin20120626


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
    ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
    の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
    当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
    変化している可能性があります。)


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。