• このエントリーをはてなブックマークに追加
市場潮流
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

市場潮流

2015-10-26 14:39
    今週(10月19日~23日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で533円50銭、率にして2.9%上昇しました。


     中国景気に対する過度な悲観論が後退したこと、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加緩和を示唆したこと、外為市場で再び円安が進行したこと、発表が進みつつある国内企業の15年度中間決算が堅調であることなど、投資環境が好転しつつあることを反映した格好です。


     来週は、中間決算発表がさらに集中するほか、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)が27~28日に開催されます。
     また、米国の15年7~9月期のGDP(速報値)が29日に発表されるほか、日銀の金融政策決定会合が30日に開催されます。


     重要な会議、経済指標の発表が目白押しとなるなか、様子見ムードが広がると予想します。


    (水島寒月)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。