• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

どうやったらプロになれる?ライトノベルの『デビュー』とは(平和のコラム)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

どうやったらプロになれる?ライトノベルの『デビュー』とは(平和のコラム)

2021-01-25 19:00


    皆様、こんにちは。平和です。
    こちらの連載は2021年初めての更新ということで、今年もよろしくお願いいたします。

    第五回目の今回は、作家を目指した人がどうやって夢を実現するのか、つまり
    「ライトノベル作家としてデビューすること」について、語ってみたいと思います。


    まず、作家というのはどうしたらなれるものなのでしょう。

    世の中には様々な形態の作品がありますが、「ラノベレーベルを持つ出版社から作品を刊行している」場合は間違いなくプロのライトノベル作家でしょう。

    その他にも紙の書籍による商業流通とは別に電子書籍のみで展開する出版社もありますし、出版社を通さない同人誌のような形態で出版する手段もあるので、どこまでをプロとするのか線引きはなかなか困難です。

    ですが形はどうあれライトノベル作品を発表して対価を得る営利活動を行っていればラノベ作家のプロと言えるのではないでしょうか。ここでは主に上記のような形でデビューした作家さんの事例を次の3つに分類して紹介してみたいと思います。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。