• このエントリーをはてなブックマークに追加
【マッサージ後の弊害とは?】マッサージ施術後の注意点・体調の変化とその対処法を紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【マッサージ後の弊害とは?】マッサージ施術後の注意点・体調の変化とその対処法を紹介

2016-08-12 18:50

    マッサージを受けることで体に起こる反応は様々です。
    血行が良くなったり、リンパの流れが良くなる事で弊害があることも知っておいて下さい!!

    今回は「マッサージ後の弊害とその対処法」をご紹介します!


    ■アロママッサージを受ける際、気を付けるべき事とは?

    疲れた身体と心を癒してくれるマッサージ。
    回復・美容・肩こり解消・保湿などなど…いい部分ばかりが目立ちますが、その弊害をご存知でしょうか?

    この特集では、有名な「揉み返し」や「好転反応」など、アロママッサージ後に起こる症状の仕組みや改善法を解説。
    さらにアロママッサージにおける注意点などをご紹介していきます。

    5edd4ce112c9efcf636deb75a2d3ead47805c11e
    ◆揉み返し
    マッサージを受けた後に起こる、筋肉痛のような痛みを「もみ返し」と呼びます。
    受けた後~翌日などの症状で「動かすと痛い」「押すと痛い」「チクっと鋭い痛み」を感じます。

    【原 因】
    強く揉まれる事で、筋肉が損傷してしまう事が原因です。

    【対処法】
    セラピストと会話して、丁度いい揉みの強さにしてもらいしましょう。
    強くマッサージされる事が好きな方もいるので、力加減はセラピストが一番気にしている部分です。

    【治療法】
    アイシングが効果的です。痛む部分を保冷剤などで冷やすか、湿布を貼りましょう。 温めると逆に炎症がひどくなるので、お風呂やサウナなどは控えましょう。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。