• このエントリーをはてなブックマークに追加
【日刊系セピア】川崎とザルツブルク【4/4(火)】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【日刊系セピア】川崎とザルツブルク【4/4(火)】

2017-04-04 22:00
  • 2
今日は川崎についてのちょっとした話。



関東地方有数の100万都市・川崎市
実際の人口はまもなく150万人に到達するらしく、
日本有数のメガシティになりつつあります。

ひとくちに川崎市と言っても、
その指す範囲はとても広く、というか細長く……

商業施設や娯楽施設が多数並ぶ川崎駅付近も、
21世紀に入ってから急激なイメチェンを果たした武蔵小杉も、
古くからの交通の要衝である溝の口(ノクチ)や新百合ヶ丘(シンユリ)も、
大型車や大型船舶が日々行き交う川崎港も、
全部川崎市です。

ただ、外部の人が「川崎」と聞いて真っ先にイメージするのは
川崎駅付近(川崎区や幸区)だと思います。

武蔵小杉住民などには怒られてしまうかもしれませんが(笑)、
私もやはり限定的にこの区域を「川崎」と呼びたい感情が大きいです。




蒲田に住んでいた頃、
電車で4分で行ける隣の川崎にはよく行ったものです。

蒲田も大きな街で、日常生活で必要な物はだいたい揃うのですが、
ラゾーナ丸井ヨドバシカメラがある川崎の大きな魅力には
なかなか抗いがたいものがあります。
あと蒙古タンメン中本も!

※ただ、蒲田も川崎もその中で街として完結している感があり、
 蒲田川崎間の人の往来は意外と少ないのかもしれない、と
 地元の様々な人の話を聞いているうちにそう思いました。
 多摩川の防壁力の高さすげえ。




そんなわけで何度もお世話になった川崎。
名残惜しさMAXで引っ越す直前に川崎駅を散歩していたところ、
こんなものを見つけました。




モニュメント「ザルツブルクの鐘」
0e8a62f6f84e45b0be4068fbfc39f688d03d9c1e



前々から存在は認識していましたが、まじまじと見てみたのは初めてで、
時計となんか5線譜のようなものが上にあるなーと。




これ、今まで何気なく眺めていましたが
実はすごい仕込みがなされていることに気づいてしまいました。




8883aae07bcd57737e9653718f4fae2768723859




4分の4拍子なのに1.5拍しかないじゃねーかよー
と思ったり最初は半分茶化しながら見ていたのですが、




1周回りながらさらによくよく見てみると……





↓ ここからはシェイクセピア会員限定 ↓
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

本日の日刊系更新もお疲れ様です。
関東在住ではありませんが仕事の都合上日本の色々な住所を目にすることがあるのですが、やはり川崎は「川崎区と幸区」のイメージが強いですね。
お写真の方ですがこういったモニュメントって身近にあるとなかなか改まって見ることがないですし、ましてや何の為のものかなんて気にもしないし…。
意味を知った上で見るとまた違った部分が見えてきていいですね( ・ω・)

No.1 65ヶ月前

更新お疲れ様です。
わたしは川崎といえばミューザ川崎!
あそこのシンフォニーホールにはよくお世話になりました。客席の作りが独特で面白いですよね。
高校時代の定期演奏会が毎年そこで行われていたのですが、まさに実家のような安心感。卒業から3年経った今でも、まだ舞台裏の構造も覚えています。笑
と、ここまで思い入れがあるにもかかわらず、ザルツブルクの鐘のモニュメントには気がつきませんでした。ご存知かもしれませんが、ミューザの開演ベルはザルツブルクの鐘の音なんです。きっとここにもつながりがあったんですね。

No.2 65ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。