• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【政治】検察に逆ギレ、報道に責任転嫁 萩生田光一が継承するDNA
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【政治】検察に逆ギレ、報道に責任転嫁 萩生田光一が継承するDNA

2024-02-22 05:00
     自民党東京都連は二月十六日、総務会を開き、萩生田光一前政調会長の都連会長の当面の続投を了承した。
     裏金事件に関わった安倍派議員のうち、埼玉で柴山昌彦元文部科学相、富山で野上浩太郎元農林水産相、新潟で高鳥修一衆院議員がそれぞれ県連会長辞任を表明していた。萩生田氏の往生際の悪さが目立ち、安倍派の若手議員でさえも「あまりに見苦しい」と呆れ顔だ。
     萩生田氏はマスコミへの対応のまずさも指摘される。会長続投が決まっても取材に応じず、冒頭の総務会当日も逃げるようにして会場の党本部を立ち去った。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2024-04-17 15:10
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするにはログインして下さい。