• このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナワクチン それでも打つべきか?《4月から自己負担、ワクチン後遺症論争も再燃》
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コロナワクチン それでも打つべきか?《4月から自己負担、ワクチン後遺症論争も再燃》

2024-04-18 05:00
    接種開始から三年経ったコロナワクチンは、全額公費負担の接種が終わり約二億四千万回分のワクチンが廃棄される。一方で、いま効果や後遺症を巡って大論争が巻き起こっている。今後も打つべきなのか否か、徹底検証する。

    ●「ワクチン接種した方が致死率高い」厚労省データの衝撃
    ●ワクチン副反応疑い 死亡2167件、重篤8907件
    ●米政府データでは「50~64歳接種者致死率8分の1に低下」
    ●京大名誉教授が裁判で追及する 厚労省「重要数値の不開示」
    ●接種開始時の厚労次官は直撃に「大きなデメリットはない」
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2024-05-17 18:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするにはログインして下さい。