• このエントリーをはてなブックマークに追加
本日(8月8日)21時~生放送です。|THE STANDARD JOURNAL 2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日(8月8日)21時~生放送です。|THE STANDARD JOURNAL 2

2017-08-08 11:27


    ■【適宜無料】地政学者・奥山真司の「アメ通 LIVE!」■
    2017/08/08(火) 21:00 生放送スタート

    (ニコニコ生放送)

    (Youtube)

    ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
    □【On The Board制作・提供動画】■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

    【Youtube動画公開】
    |山岡鉄秀米国取材記
     :在米韓国人から聞いたホントの(トンデモ)話。
    |TSJ|ON THE BOARD

    ▼(その1)若妻徴用役人…。処女徴用役人…。
     かつて、朝鮮半島で本当に存在した役職に唖然…絶句…。

    かつて朝鮮半島にあったかの国は、
    歴代中華帝国に対して、女性を献上していた…。
    そして、その女性を徴集するための役人まで・・・。
    さらに、法的に処女となるための儀式?!まで…。
    私たちはまだまだあの半島のことを分かっていなかった・・・。
    唖然とするあの国のほんとうの話…。

    ▼(その2)韓国への「謝罪」は、
     その後1000年?!続く「恨み」の始まり…(恐)

    日本人的な感覚では、謝罪すればひとまず水に流れて、
    友好関係がスタートする、と思いがち。
    だがしかし、それは韓国には一切通用しない。
    「墓場から遺骸を掘り返して粉々に砕く」
    まで晴れることのない<千年の恨み>の幕開けである。
    恐ろし過ぎる。

    ▼(その3)「泣き女」はスキル。
     オーケストラのように泣き叫ぶ、専門職(プロ)。

    地理的には隣国とは言え、日本と韓国は全く別の、
    正反対の資質をもった民族である。
    その事を端的に表しているのが「お葬式」という風習を
    両民族がどう捉えているのか?ということ。
    これほどまでに違う。そのことをまず我々日本人が
    しっかりと肝に命じなければならない。

    ▼(その4)いわゆる「従軍慰安婦」問題は
     なぜ日韓で噛み合わないのか?

    「自分たちだってかつてはやっていた、
    だから日帝もやったに違いない!しかも、首相自ら8回も謝ってるし、
    強制連行はあったみたい、と言ってる官房長官もいるではないか!」
    結局、あの国の「千年の恨み」スイッチをOKにして、
    「パンドラの箱」を開けたのは、日本の政治家たちでした…
    というオチでした…。
    インタビューに応じてくれた在米韓国人ですら呆れる、
    日本人のその場しのぎとことなかれの歴史認識。
    日本人よ、もっとしっかりしろ!

    ----

    【Youtube動画公開】
    |「日本よ、もう謝るな!(山岡鉄秀著|飛鳥新社刊)」
    |TSJ|ON THE BOARD

    ▼(その1)日本の”失敗の本質”は、
    "悪い女(=韓国)に貢いでしまった"という自覚がないこと…

    日本と韓国は全く「違う」国であるということを
    日本人自身が厳しく認識する必要がある。
    日本は韓国のことを、自らの基準で認識し相対してきたが、
    そのことが仇となり、取り返しのつかない深い禍根を残した。
    日本的な感覚でただ「謝罪」を繰り返すことは
    何ら益のないことである。このことをまず
    日本人自らが深く内省することこそが話のスタートである。

    ▼(その2)日本の国益に甚大な損害を与え続けた
    「外(害)務省」の大罪。

    多くの日本人は英語が苦手というのをいいことに、
    外務省は長年に渡って歪んだ英語表現を垂れ流し、
    今に至るも日本の国益を致命的に損ない続けている。
    事は「日本の亡国」に繋がると言っても過言ではなく、
    この重大な事態を、より多くの日本人自身が
    まず知ることが重要である。
    外務省にはこの重大な”犯罪行為”の落とし前を付けてもらおう。

    ▼(その3)その場しのぎの「謝罪」など誰のためにもならない!
    日本人よ、反論ではなく「立論」せよ!

    「とりあえず謝罪しておけば相手は水に流してくれる」
    という日本的感覚は、国際政治の世界では一切通用しない!
    日本人は他律的な思考をやめ、自律的に相手に対峙すべきである!
    必要なことは<反論ではなく「立論」>。
    まず自らの主張を明確に組み立て、臆することなく堂々と議論に望め!

    ▼(その4)「日本国憲法」を英語で読むと
    ハッキリわかる、その意図と狙い・・・

    「日本国憲法」こそ英語の原文を読むべきである。
    日本語に翻訳する際に(巧妙に?)隠された、
    その”真の意図”がハッキリと書いてある。
    戦後、延々と繰り返されてきた
    ”事なかれ外交”を打破するためのポイントは、
    「政治」のリーダーシップによるコントロール。
    そして、何よりも、日本国民自身が事実を知り、
    声を上げることである。「日本よ、もう謝るな!」。

    ----------------------------------------------------------------------------------------------------



    ----------------------------------------------------------------------------------------------------

    81c92504ded496a9e6ed49efa3f9f81dafa5eb51
    http://www.realist.jp/cgel.html

    44aee3fe3ba6c2abb81f83c9eed48f5031053974
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信
    更新頻度: 毎週木曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。