• このエントリーをはてなブックマークに追加
やる気と材料があればあなたでもできる!(クーデター…w|THE STANDARD JOURNAL 2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

やる気と材料があればあなたでもできる!(クーデター…w|THE STANDARD JOURNAL 2

2017-07-18 11:20
  • 2


おくやまです。

おくやま です。

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
おかげさまでルトワックの講演会が完売しました。

予約開始からたった11日間に400席が埋まったので、
あらためてルトワック人気を感じた次第ですが、
実は現在、ルトワックの秋の来日に合わせて、
ある一つのプロジェクトが立ち上がっております。

それは、ルトワックのデビュー作であり、
映画の元にもなった『クーデター入門』(1978年刊)の
改訂版(2016年)の翻訳出版です。

この衝撃のデビュー作の改訂版、
今回は私が「監訳者」となっております。
すでに下訳はできあがっているのですが、
現段階ではようやく私がそれに手をいれ始めた段階です。

来日に合わせられるかどうかは微妙ですが、
まずみなさんにはそのさわりの部分だけでもご紹介しようと思い、
初版のまえがきの部分だけ公開します。

すでに日本では昭和40年代に
この本の初版が翻訳されているのですが、絶版してから久しく、
アマゾンなどでは品薄状態で
非常に高値で取引されている「幻の本」となっております。

今回はその改訂版にあたる
2016年版を私が監訳したわけですが、
旧版にある不正確・不明確な訳をかなり改善したつもりです。

とにかくデビュー作でテーマが
「クーデターのマニュアル本」というのも
かなりぶっ飛んでおりますが(笑)、
ルトワックの思考の枠にはまらない
戦略思考の自由さを味わえるという意味で、
みなさんの参考になるかもしれません。

( おくやま )

===

初版まえがき

これはハンドブックである。
したがって、クーデターの理論的な分析ではなく、
実際に国家権力を握るために活用できるような、
クーデターのテクニックを紹介することを目的としている。

やる気と材料があれば素人にでもできるという意味で、
料理の本に似ている。
本書はそのための知識を提供するものである。

二つだけ注意して欲しいことがある。
まずクーデターを成功させるためには、
それなりの条件がなければならない。
ブイヤベースをつくるには、
まずしかるべき魚がなくては始まらないのと同じである。

次に、クーデターは失敗したら、
料理の失敗よりはるかに罪が重いということである。
これは料理に失敗して、
仕方なく缶詰の食事をとるはめになるどころではないのだ。

だが、成功すれば手に入るものも大きい。

また、こんなものを書いて読者を誤らせ、
危険な目に合わせることにはならないか、
さらにはクーデターの有効な手引きであるために、
これが動乱や暴動につながりかねないのでは、
といった反対の声があるかもしれない。

私の答えはこうである。

クーデターはすでにいたるところで起きている。
この本を読んで、より多くの人々が
クーデターのやり方を学んだら、
それはただ単に「クーデターの民主化」への一歩であり、
すべてのリベラルな心の持ち主が賞賛すべきこととなるだろう。

最後に、本書で示されたテクニックは
政治的に中立な立場に立って論じられたものであり、
国家の権力を奪うという目的だけのために書いたものであって、
その後の政策をどのようにすべきかという点については、
まったく関与するものではない。
====
----------------------------------------------------------------------------------------------------



----------------------------------------------------------------------------------------------------

81c92504ded496a9e6ed49efa3f9f81dafa5eb51
http://www.realist.jp/cgel.html

44aee3fe3ba6c2abb81f83c9eed48f5031053974
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信
更新頻度: 毎週木曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメント コメントを書く

この手の本の恐ろしい所は
その真意を理解してない利己的な者が
後先考えずに行うテロリズムに繋がる事だと思う

No.1 58ヶ月前

これって共謀罪とかの絡みでまずくないのかな?

No.2 58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。