• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

終わってしまった香港について|TSJ2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

終わってしまった香港について|TSJ2

2020-07-05 16:30
    ▼終わってしまった香港について

    こんにちは和田です。

    去年の秋、私は産経新聞の記事を引用して
    次のような出だしでメルマガを書きました。

    ーーーーーーーーーー

    豚になりたいですか?

    こんにちは和田です。

    ダイエットの話じゃありません。

    9月28日土曜の産経新聞朝刊にありましたが、
    香港の記事で引用すると、

    高校生のセイカ・チョウ(18)さんは、
    「私はずっと豚だった」と、話す。

    豚とは香港の俗語で政治に無関心な層を示す。

    しかし、2014年の雨傘運動で考えがかわったという。
    「これまで豚だった人が目覚め始めた。
    豚のままでは中国の言いなりになる」

    ーーーーーー

    豚とは、政治的に無関心な層・・・・・。

    ーーーーーーーーーーーーーーーー

    ここまでが引用で、
    ここから今回のメルマガに戻ります。

    昨秋のメルマガの引用の中に、
    産経新聞の記事の引用があったので
    わかりづらくてすみません。

    私は昨年も一昨年も香港に行き、
    民主化運動 vs 中共の香港の本土化侵略
    の戦いを奥山先生とKAZUYAさんと見てきました。

    3人ともに香港が大好きだったし、
    その地位が失われるのが惜しいし、
    香港人たちを応援したいと思っていました。

    特に昨年は逃亡犯条例改正案で、
    急激な対立激化がありました。

    香港に行く度にその対立は激しさを増していきました。

    ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
    我々三人は取材しつつも逃げ遅れて、
    催涙弾が当たり、煙をモロに浴びてしまいました。

    催涙煙を浴びた直後に、目を洗う水をくれたり、
    我々に声をかけてくれた香港民主化運動の人たちは、
    優しくしてくれました。

    「日本人か?迷惑かけるけど、
    ここからは先には入らないでくれ」
    とか、
    「取材して世界に配信して欲しい。
    でも、写真に映った顔はぼかしてくれ」

    というような声もかけられました。

    そんな香港の人たちは、
    これまで「自分達は豚だった」と反省し、
    「もうこれからは豚ではいけない」
    と立ち上がったのでしたが、
    結果は、すでに手遅れだったのです。

    遅かったというか、そもそも
    強大なる中共が決めたら、
    もはや組織として地域として
    香港の民主化運動を続けることは
    事実上困難でした。

    香港はいずれ言論の自由が奪われ、
    やがて民主主義もなくなり、大陸に飲み込まれる。

    そう見極めた人は、天安門事件の後、
    いろんな事件が起こるたびに、
    香港に見切りをつけて各国に移住していきました。

    近年では2014年の雨傘運動もありました。

    私は、香港を見限るチャンスはいくつもあったのに、
    そこで国外脱出を判断しなかった人たちに興味がありました。

    私が見ていて思ったのは、
    彼らは中共の支配する中国大陸に
    アイデンティティを感じない。
    自分たちは中国人にはなれない。
    全く別の自由な「香港人」だ
    と気づくのが遅かったのだと思います。

    決して中国人にはなれないと
    気づいたからこそ戦っていたのです。

    それでも、香港に住み、
    中共の支配する大陸とうまく付き合ってきただけに、
    今後もうまくやれる、と思っていたと思います。

    今回の運動をしていた香港人たちの
    第一の選択は、
    香港に残り民主主義を守ることです。

    香港そのものをそのままの状態で住み続けたい
    という願望はあったと思いますが、
    では、香港を守るために何が有効だったか?
    となると、やはり、わずかなチャンスは
    アメリカ政府への働きかけの一択しかなかったと思います。

    しかし、カネに目がくらんだ
    米国、日本、EU諸国は、
    このコロナ前までは、香港の民主主義運動に
    興味がありませんでした。

    私が香港人だったら、遅くとも雨傘運動の時点で、
    香港を出るための活動をしたと思います。

    これが第二の選択です。
    一旦、香港を離れるか、
    いつでも離れられる準備をしておくべきだったのです。

    さて、私は自分のことを「日本人」だと気づいていますから、
    日本を守るしかないと思っています。

    しかし、残念ながら、いかんせん
    日本人には政治的に無関心な
    (香港人のいうところの)「豚」が多いのです。

    前回のメルマガでは、
    日本人も豚だった。。。

    と書きました。

    国民が無関心、国民が豚のままでは
    日本も香港と同じく、中共の奴隷になるのです。

    アメリカ通信では、
    米中激突しますよ、
    フォースターニングの厳しい冬、破壊の冬が来ますよ、
    と繰り返し伝えてきました。

    日本国内の政治的に無関心な「豚」に囲まれた
    みなさんに警鐘を鳴らしてきたつもりです。


    さらに、日本がこれから米中戦争に巻きまれる前なのに、
    そこに新型コロナウィルスが来てしまいました。

    もう、以前の社会には戻りません。

    香港から自由が奪われて、
    もうかつての香港にはもどらないように、
    日本もコロナによって自由が奪われ、
    すでにもうあの自由な頃の日本社会にはなかなか戻れません。

    日本に住んでいても、
    政治的無関心であることの「豚」であれば、
    中国からの強制的にツケを払わされます。

    しかもそれだけではありません。
    今や中国・武漢発のコロナだってあるのです。

    我々は国際政治に無関心だと、
    大きなツケを払わされることになるのです。

    われわれは何という激動の時代に生きているのでしょうか?
    80年に一度の精算は、厳し過ぎます。

    今回のメルマガでは香港人のことを書きましたが、
    第一の選択は、日本人として日本を守るためにどうする。
    第二の選択は、個人としてどうこの時代に
    災いを回避して生活するか、

    は考えておかなくてはなりません。

    コロナ時代と米中激突。
    それがフォースターニングの冬の時代です。

    この冬の時代をどう乗り越えるのか?
    どう時代を捉えて対策を立てたら良いのか?
    それらに応えられるように、本格的に解説した、
    音声講座をつくりました。

    来週、7月7日までの早期割引価格と
    ミレニアル世代を解説した特典音声つきとなります。

    お申し込みはこちらから

    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

    (和田 憲治:https://twitter.com/media_otb )
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信
    更新頻度: 毎週木曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。