• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

「リアリスト」とはそもそもどういう考え方をする人達なのか?|TSJ2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「リアリスト」とはそもそもどういう考え方をする人達なのか?|TSJ2

2020-12-03 10:01
  • 9

「アメ通」運営です。

番組中ではこれまで何度も
そもそも「リアリズム」とは何なのか?
という解説・説明はしてきましたが、
このところまた、「リアリズム」が
話題に上がることが多くなってきましたので、
改めて、以前、奥山博士にお願いして
書いて頂いたテキストが簡潔で
ツボを押さえているので、再度ご紹介します。

▼「リアリスト」とはそもそもどういう考え方をする人達なのか?

fa19b468dfbeb6191ac691793811abdeff737c86

日本で「リアリスト」というと、あえて大雑把にいえば、
いわゆる「現実派」というイメージになります。
汚い仕事からも目をそらさず実行するという
「実務派」という意味でとらえられがちです。

これはアメリカでも同じであり、
政治信条などを度外視して、生臭い権力闘争や、
利権の力学で政治をおこなう実務派たちを
「リアリスト」と呼ぶことがあります。
例えば、チェイニー元副大統領などがその代表的な人物であり、
血の通わない冷酷な人物である、とみられがちです。

しかし、ここで解説したい「リアリスト」というのは、
そういった政府の「実務派」といった意味合いではなく、
「国際関係論」(International Relations)という学問の中の
「リアリズム」という理論を信じる学者たちのことになります。

▼「リアリズム」とは何なのか。

「リアリズム」といえば、美術などの分野では
「写実主義」のような意味になりますが、
国際政治を理論的に分析しようとする「国際関係論」という学問では、
ズバリ!「国際関係を、主に『権力(パワー)』という要素にしぼって
分析、予測する理論」ということです。

つまり、「リアリズム」とは、
「国際政治というのはすべて権力の力学による闘争なのだ!」
と現実的(realistic)に考える理論です。
よってリアリズム(現実主義)となるわけです。

さて、この理論の中核にある
「権力=パワー」というコンセプトがまずクセものです。

「リアリズム」学派では、伝統的に、

「権力=パワー」というのは、主に「軍事力」によって支えられる

と考えられています。よって、彼らにとってみれば、
国際政治を動かす「パワー(power)」というのは、
「軍事力による脅しや実際の行動(攻撃)によって、
相手の国を自国の意思にしたがわせる能力」
ということなのです。

究極的にいえば、「リアリズム」では、
この「パワー」こそが国際社会を動かす唯一最大の要素なのです。
ですから、ここに注目してさえいれば、
概ね相手の動きは読めてしまう、ということなのです。

このような考え方は、平和信仰の強い日本人にしてみれば、
「なんとえげつない理論だ」と思われることでしょう。

ところが欧米の国際関係論の学界では、
この「リアリズム」という概念が
一番説得力のある強い理論だとされており、
あえて刺激的な言い方をしますと、
これを知らない、いや、知っていても認めないのは、
アカく染まった日本の学者や
知識人たちだけとも言える状況なのです。

国際関係学においては、
「リアリズム(現実主義派)」と「リベラリズム(自由主義)」
がメジャーな存在ですが、その他にも、
「マルクス主義」や、「コンストラクティビズム」などがあります。

※これを日本の政界の状態と照らし合わせてみると、
リアリズムは自民党、リベラリズムが民主党(旧社会党)、
そしてその下にマルクス主義の共産党、フェミニズムが社民党、
そして最近発達が目覚ましいコンストラクティビズムが公明党。
多少強引ではありますが、このような図式になりそうです。

リアリストたちが「国際社会はパワーの闘争によって動かされている!」
と考えていることはすでに述べたとおりですが、その彼らにすれば、
「平和」というのは単なる「闘争の合間の小休止」、
もしくは「軍事バランスがとれていて、お互いに手出しできない状態」
ということになります。

よって、軍事バランスがくずれれば、
世界の国々はいつでも戦争をおっぱじめる、
というのが彼らの言い分なのです。

では、国際社会を「平和」に保つためにはどうしたらいいのか?
彼ら「リアリスト」に言わせれば、そんなことは単純明快。

「軍事バランスを保つこと」。

より具体的に言えば、
世界中のライバル国家たちに軍事力でバランスをとらせて、
お互いに手出しさせないようにしなさい。ということなのです。

( 奥山真司 )
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信
更新頻度: 毎週木曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥880 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
経済力こそがいつだって力、なんだけどもねw
1ヶ月前
×
お疲れさまです。勉強になります!もうねえ、最後は感情に走って声のデカい方が勝つという構図に辟易しておりました。ま、今後もそういう場面はあるでしょうが、奥山先生のお陰で少しは冷静になれそうです。(´▽`*)
1ヶ月前
×
デュエリストじゃない人
1ヶ月前
userPhoto
Foe
×
声のデカい人の両方、どちらも自分がリアリストで相手は現実が見えてないと吠えるのがお仕事!
1ヶ月前
×
デュエルに負けかけたら建物爆破してうやむやにしようって考える人
1ヶ月前
×
案の定クラッシュタウン民がいて草
1ヶ月前
userPhoto
XY
×
>>1
経済は軍事力で破壊できる
日本人は超大国の動向や軍事力ばかり気にするけど、インドネシアの領海をどこかの宗教の過激派が封鎖するだけで、日本は干上がってしまう
それを軍事力で押さえ込んだり掃海艇を派遣して掃除しなくちゃならない
掃海艇も軍事力だよ
1ヶ月前
×
ガトリング・オーガ使う人
1ヶ月前
×
>>XY
金もないのに軍事力誇示しようとしても北チョンみたいに相手の国まで届かないミサイルデモンストレーションすることしかできない惨めな国になるだけ
金がないと軍事力とやらをそろえられないのは常識、暴力だけが強ければ頂点取れたのは腰ミノ姿で棍棒振ってウパウパ言ってた時代くらいまでだぞ
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。