• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『Innocent Eyes』 25〜「 レコーディング」という幸福な時間について (5)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』 25〜「 レコーディング」という幸福な時間について (5)

2018-05-28 19:00

    それにしても、レコーディングというのは不思議な時間だ。

    ライブ演奏にはライブ演奏の良さもあるけれど、スタジオレコーディングでは、大切な作品をイメージ通りきちんと届けるために、その作品が必要としている音を厳選して一音一音、レコーディングしていく。

    イメージの通りに、そして場合によってはイメージ以上の音が録れることを期待しながら…。

    前にも書いた通り、妥協を一切せず、望むレコーディングを徹底するとはいえ、無駄に時間をかけることは避ける方針だから、レコーディングに入る前に、アレンジの確認は済ませてある。

    けれどレコーディングには不思議な力があって、特別に良いプレイを録っているうちに新たなイメージが湧き、アレンジが変わっていくこともある。

    アレンジというのはジグゾーパズルのように絡み合っているから、そうなると様々な部分の再検証も必要になってくる。

    でも、素晴らしいプレイをレコーディングできた事から生まれたイマジネーションを止めることは避けたいから、アレンジの変更にも果敢に立ち向かっていくことになる。

    つまりレコーディングには、完成しているものを譜面通りに録るだけではなく、「創作」という一面もあるわけだ。

    そうやって変更されたアレンジによって、作品は事前に創られたデモテープよりも遥かに素晴らしい仕上がりとなる。

    ボーカル以外のオケが全て録り終わったあと、エンジニアに仮Mixをしてもらって聴く時の感動は格別だ。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。