• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『Innocent Eyes』87〜我々が知らないクラシックの本質とYOSHIKIというアーティストの存在(1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』87〜我々が知らないクラシックの本質とYOSHIKIというアーティストの存在(1)

2019-08-14 11:30

     僕はクラシック教育を受けていない。
      
     ピアノを習ったことはなく、オーケストラの譜面を見ても音は浮かばない。
     
     でも僕はクラシック音楽を聴いて育った。
     
     音楽に本格的に目覚めたのは、小4の時バッハの小フーガを聴いて「心臓が涙を流している」と感じてからだ。
     
     バッハ、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ショパン、サン=サーンス、ドヴォルザーク、リスト・・・。
     
     心が震える音楽を探して、いつもクラシックを聴いていた。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。