• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

『Innocent Eyes』120〜1990年から1991年にかけての記憶-3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』120〜1990年から1991年にかけての記憶-3

2020-07-03 11:00
  • 1

 この原稿を書いている今日、たまたま天気も良く湿度も低めで、午前中はさほど暑くもなかったため、ちょうどロサンゼルスの気候に似ていた。
 
 こういう日はごくたまにあるのだけれど、その度に僕は「ああ、ロサンゼルスの空気に似ている」と呟いてしまう。
 
 太陽が好きな僕にとって、ロサンゼルスの気候は実に幸せな気持ちにさせてくれるものだった。



 レコーディングを始める半年ほど前、YOSHIKI以外のメンバーと一部のスタッフはロサンゼルスに行っていたけれど、僕はその時にYOSHIKIと共にパリへ行っていたから、このレコーディングが初めてのロサンゼルス体験となった。
 
 厳密に言えば、レコーディングで訪れる1ヶ月ほど前、コーディネーターとの事前打ち合わせで数日間だけロサンゼルスを訪れたから、その時が初めてのロサンゼルスだった。
 
 どんな場所でどのような打ち合わせをしていても、常に眩しい陽射しがそばにある・・・そ
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
アメリカの雄大さ、面積だけだなく、人の心の器の雄大さが伝わってきました。
音楽とは芸術とは、こうあるべきだと、私の心まで広くなった気がしました。本物とは、、、
こういう人であり、こういう考え方であり、こういう心の持ち主なんだと
なんて 表現したら良いのだろうか?
宇宙の広さと大きな「愛を感じました」
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。