• このエントリーをはてなブックマークに追加
『Innocent Eyes』133〜岡本太郎と芸術家YOSHIKI
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』133〜岡本太郎と芸術家YOSHIKI

2020-11-10 09:00
  • 1


 岡本太郎という芸術家。
 
 「太陽の塔」を観たのが小学三年生の時だから、知らぬうちにずいぶん影響を受けているのだろうと思う。
 
 言葉には簡単にできないけれど、芸術というものの本質を、僕はどこかで「太陽の塔」や「痛ましき腕」といった作品から感じ取っていたのだ。

 それはおそらく作者が発したものが作品を通じて直接心に訴えかけてくる、原始的な力強さで、今思えばそれは芸術における創作エネルギーそのものだった。
 
 最近、岡本太郎のドキュメンタリーを観る機会があり、その在り方が芸術家としてあまりにも正しいことを改めて確認し、深く感動した。
 
 単なる一芸術家というよりも、人間としての存在感がとてつもない点、そして芸術家が一般の人々に与える影響について・・・この辺りがやはり芸術家の本質そのものだと強く感じ入った。

 そして、僕個人の印象としては、そのようなところが、YOSHIKIとぴったりと重なって見えたのだ。

 これまで僕は、日本人の芸術家を象徴するような存在として捉えていた岡本太郎とYOSHIKIの共通点を意識したことはなかった。

 今になってそのことに気づいてみると、何だかとても納得したのだ。

 それはもちろん、とても嬉しいことだった。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
奥が深い話ですね‼️
私には 岡本太郎さんが凄い芸術家と
いうイメージはあるけど、YOSHIKIさんの音楽に触れる程の感覚は無いです

津田さんのようなホントの
芸術家でないと、感じ取れない感覚かと思う、平凡な私に私自身が
ガッカリします!!!
マロンより
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。