• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【夢と夕陽】57. 夢の始まり(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【夢と夕陽】57. 夢の始まり(2)

2015-07-01 02:30

     
     僕がまだ23才、ソニーミュージックに入社して1年目の秋のことだった。

     当時、僕が尊敬していた先輩に、突然こう聞かれた。
     
     「津田は3年後、ってどうしてるの?」
     
     レベッカのプロデューサーであり、鋭い洞察力と深い人間性が特徴の先輩らしい、示唆に富んだ質問だった。
     
     突然、しかも今まで考えた事のない質問だったから、僕は迷ったり考えたりする間もなく、直感だけで答えた。
     
     「ディレクターになってバンドのプロデュースをしてます」
     
     「なるほど・・・。まあ、津田には、いいビジョンじゃないかな」
     
     笑顔で先輩にそう返されてから、そんなビジョンを持っていたのか、と、むしろ無意識下の自分自身に教えられた気がした。
     
     その質問をされるまで、3年後の自分などをイメージしたことがなかったからだ。
     
     しかも、バンドなんて…。
     
     ほんの1年前まで、大学生兼ミュージシ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。