• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

平成二十五年度「事始め」 -山口組最新情報- 《通信時報 Vol.2-2》
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

平成二十五年度「事始め」 -山口組最新情報- 《通信時報 Vol.2-2》

2013-01-30 01:00
    山口組最新情報
    六代目体制発足後初となる司六代目、高山若頭同時出席の厳粛な儀式

    六代目山口組「平成二十五年度 事始め」挙行

    ※システムの制約上使用できない文字があります。

     平成二十四年十二月十三日、山口組総本部で「平成二十五年度事始め」が挙行された。  事始めは、山口組を含む西日本のヤクザ社会では、最も重要な年中行事とされ、一年を振り返り、新たな年を迎えるスタートの儀式である。盃を飲んで、改めての忠誠を誓い、また新年度の組の方針である「組指針」が発表される。
     六代目体制が発足した平成十七年には、その直前に司忍六代目が下獄したため、予定されていた事始めは急遽、「納会」に変更された。
     以後、司六代目が社会不在を余儀なくされていた平成二十二年まで、事始めは行なわれず、納会が開かれていた。
     そして、復帰を果たした平成二十三年、六代目体制で初めての事始めが挙行された。五代目時代も、阪神大震災の

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。