• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

『ちょっと右よりですが・・』▼第13号 スパイ行為の中国ファーウェイ製の情報端末。日本でもバカ売れ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『ちょっと右よりですが・・』▼第13号 スパイ行為の中国ファーウェイ製の情報端末。日本でもバカ売れ。

2012-11-05 12:01
  • 1
『ちょっと右よりですが・・』▼第13号 
スパイ行為の中国ファーウェイ製の情報端末『米国下院報告書』、
ファーウェイ社製品は日本でもバカ売れ

◆このブロマガは・・・
10月27日にニコ生で生放送された「ちょっと右よりですが・・・」の
「花田紀凱編集長の週刊誌欠席裁判」のコーナーの一部を文字おこしして
配信しております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆今週のブロマガメニュー

◆中国のファーウェイ・テクノロジー(華為技術)のスパイ行為
◆ファーウェイは日本でシェア拡大中だが、ノーマーク
◆米国だけでなく、カナダ、オーストラリア、イギリスで問題に
◆IPS細胞で大新聞が恥の上塗り
◆新聞記者の好奇心の欠乏
◆「新聞記者」VS「雑誌記者」なら「雑誌記者」が勝つ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

## 実況の文字起こしなので読みづらいかもしれませんが、
## ーーアシスタントコメント
## (花田)花田編集長コメント
## と表記しています。

----------------------------------------------------------
◆中国のファーウェイ・テクノロジー(華為技術)のスパイ行為
----------------------------------------------------------

(花田)
週刊ポストと朝日が取り上げている、
中国のファーウェイ・テクノロジー(華為技術)の問題。
これは世界最大の通信機器メーカーで
昨年度の売上が324億ドル、2兆5000億円。

ーー世界一の通信機器メーカー、携帯端末メーカーでスマホも。

(花田)
これがアメリカの下院の情報特別委員会で取り上げられて
世界規模でおこる恐怖の通信機器メーカー、
華為技術(ファーウェイテクノロジー)なる会社について報告書を発表したと。
どんな報告書かというと、そこでは同社が中国共産党や
人民解放軍の諜報部門と密接な関連があり軍の為に製品を開発している。
サイバー戦精鋭部隊に特別なネットワークサービスを提供していた
という内部文書を入手したと。
ようするにスパイ工作、サイバー攻撃への関与の疑いがあって、
政府の調達禁止とともに民間企業にも取引自粛も勧告したと。
容易なことじゃないんですよ。
これ、『週刊朝日』だけでなく『ポスト』もやっているんですけどね。

ーー『ポスト』の51ページ

(花田)
「中国人民解放軍のスパイ回路がスマホに。米下院報告書の衝撃」
ファーウェイの昨年度の売上が324億ドルで、
その創業者である任正非(レンジェンフェイ)っていうこの人が
人民解放軍で通信信号などを媒介として、
諜報活動を担う情報工学院の元院長だった、と。

ーー要はスパイ部門ですもんね。

(花田)
決定的だったのは、
ファーウェイの元社員から入手した重要な資料の存在だと。
ファーウェイは特殊なネットワークサービスを
中国人民解放軍に提供している。
元社員は、このサービスは中国人民解放軍の
エリートサイバー部隊が使用しているという。
マイク・ロジャース委員長は、
ファーウェイの通信機器が真夜中に勝手に作動して、
中国にデータを送信している節があると。

--------------------------------------------------
◆ファーウェイは日本でシェア拡大中だが、ノーマーク
--------------------------------------------------

(花田)
何がいけないかというと、エコノミストも取り上げてて
孫社長が言っているんですけど、

「ファーウェイは日本でもシェアを拡大中だと
 日本法人を設立すると、EモバイルやEアクセスに基地局や
 サービスを構築し、現在はドコモ、KDDI、ソフトバンクなど
 主要キャリア全てに製品を納入するまでに拡大。
 ついに昨年中国系企業として、経団連にも参加したと」

日本があまりに無警戒なんじゃないかと。
目に見えないサイバーの世界で、
どんな風に情報が筒抜けになっているのか
もっと日本人はこういう企業に対して、
警戒心をもてという警告ですよね。

----------------------------------------------------------
◆米国だけでなく、カナダ、オーストラリア、イギリスで問題に
----------------------------------------------------------

ーーカナダも軍などの政府の
ーー通信ネットワークの解除が検討されている、と

(花田)
これは世界でもオーストラリアは、昨年防諜機関からの状況におき
高速通信の新設事業への華為の参入を拒否。
イギリスも華為のインフラへの参加を制限し、
導入前に同社のソフトウェアを評価する機関を設立し懸念を表明している。
これは日本の企業もですね、相当気をつけるというか
国がきちんとした政策を打ち出すべきだと。
国が警戒心なく、安いからといって導入してたら大変な事になりますね。

ーードコモの冬モデルを見ていたらですね、5機種も出ているんですよ。
ーー日本のメーカに比べて投入機種が多いんですよ。
ーーEモバイルの接続端末はほぼ華為技術のものですね。

-----------------------------
◆IPS細胞で大新聞が恥の上塗り
-----------------------------

(花田)
ポストは今週なかなか頑張っているんですよ。
例のIPS細胞の先生ね、森口の事でね
「前代未聞の大誤報と。騙されて罵り合う大新聞の恥の上塗り」と。
お互いお前のところもやったじゃないかといった感じですから、
それを批判している記事をやっていましてこれがなかなか面白い。

------------------------
◆新聞記者の好奇心の欠乏
------------------------

(花田)
地味な記事ですけど、面白いんだね。
もう1個がですからね、
医師でジャーナリストの富家考さん、
元朝日新聞の科学記者の田辺功さん、この2人が
「なぜわが国の科学報道はかくも拙劣なのか」
科学記事がどうしてこんなにいい加減なのか、
ということを話しているんです。
だいたい医師といったってですね、
医師免許もっていなければ医者じゃないのに
医学博士は研究すれば博士号取れるんですよ。
そういうことも知らないんですよ。

富家さんが危惧しているのは「記者の好奇心の欠乏」です。
もし森口が言っているような事が本当なら、
そんな興味深い研究ならどこの病院で何科で手術が行われたのか、
手術の執刀者や研究の責任者が誰でどんな発言をするか、
これに興味がいかないというのがおかしい。
記者の好奇心が衰えていると。

独自の取材はしななくなってきているのは、
田辺さんは「どの分野でも多い」と。
情報を与える側の思惑を疑ってかかる訓練ができていない。
科学記者全部に対する批評として受け止めてほしいね。

--------------------------------------------------------
◆「新聞記者」VS「週刊誌記者」なら週刊誌記者が勝ちますよ
--------------------------------------------------------


ーー「新聞記者が頭が悪い」とか、
ーー「勉強不足だ」っていう「書き込み」が多いですね。

(花田)
新聞社は記者の人数も多いし、
政府からもいろんな発表をもらいますよ。
そこにいくと、週刊誌は人数が少ない、
しかも新聞が書かない事を書かなきゃといけないから
熱心に取材しますよ。

僕はよく昔から言っていたんだけど、
よーいどん、で新聞記者と週刊誌の記者が
同じ人数で同じ素材を取材をしたらね
週刊誌のほうが深い取材しますよ、と言っていました。
新聞記者の取材力がめちゃくちゃ衰弱している。

新聞記事のね、8割は官僚の発表ものですよ。
しかも発表ものを検証しないで載せちゃう。
発表ものはいいですよ、便利ですしね。
これを改めて記者が検証しなきゃいけないのに、
それをしないでそのまま載せちゃうじゃない。
とんでもない時はニュースリリースそのまま載っているんだよ。
A新聞とB新聞が同じ記事が出ているんだよ。
ニュースリリースを書き直すこともなく、そのまま写している、
という記事が昔ありました。

これはポストは今週は硬派ぶりを示して、なかなか頑張ってますよ。

ーー『ポスト』では、ビートたけしが、
ーー「森口さんはもう芸人になるしかない」と。
ーースギちゃんの決めセリフ「ワイルドだろ〜」に対抗して
ーー「アヤシイだろ〜」って言えばいいと。あと「ウソと言えばウソだぜ〜」と。
ーーそれはドッカンくるってたけしが言ってましたね。

【続きはタイムシフトまたは、動画にてご覧になってください】

━■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■━
 ■「ちょっと右よりですが」編集部より
━■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■━

☆タイムシフトのご案内
  見れるのは残り数日 タイムシフトはここから

  次回はここから予約

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
★11月10日(土)は、18時から再放送、19時から生放送です。
 いつもとは時間が違いますので、お間違いなく!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

☆質問お待ちしております。
購読者の方の質問について答えます。
  メールアドレスに、ニコニコアカウントのメアドを記載の上質問をください。
  花田編集長がニコ生でいくつかピックアップしてご回答いたします。
  ※購読設定お忘れなく。  
  受付メールアドレスを設定してます。(migi@on-the-board.co.jp)

☆ちょっと右よりtwitter
公式twitterアカウント https://twitter.com/media_otb
真面目にやってます!フォローお願いします!

☆次回生放送のお知らせ
次回、11月10日(土)の生放送は19時半からです。
時間が変わってますので、お見逃しなく!

番組内容の詳細等は、ニコ動CHページやFacebookなどで随時更新中です。
CHECKお願いします!

☆ブロマガ購読ボタン設置しました。
お気に入りボタンと一緒に押して下さい(笑)

ー■編集後記■ー

新聞記者は政府発表を記事にしているから面白くないわけですね。
ネット見りゃ出てますし。

しかし、週刊誌記者は新聞にない記事を探さなきゃ売れないから必死。
だから面白いんですね。
編集者の意図が反映される特色ある雑誌がどんどん出るのが楽しみです。

前号のとおり、「戦後史の正体」の著者である、孫崎氏は
「朝日はクオリティーペーパーだったら謝罪しろ」と言っていたが
クオリティは新聞よりはるかに雑誌の方が高いのではと思っています。

もちろん玉石混交ではありますが、雑誌には石もあるが、玉もあります。
新聞は石ばかりじゃあないでしょうか。

番組見た友人が、
「確かに新聞記者とかTVの人ってプライドは高いけど、
 あんまり知識とないし、ほんと好奇心もないなあ」
って言ってくれたのが印象的でした。

          -*-

▼ニコニコ公式チャンネルページ 
▼Facebook
▼編集部twitter
━■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■━
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
「ちょっと右よりですが…」公式ブロマガ
更新頻度: 毎週水曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥550 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
うちも今あーうーで契約したファーウェイのWiFi使ってるけど、正直ファーウェイだって知ってたら契約してなかった。契約した後に裏見たらファーウェイって書いてあって「やられた!」って感じ。今更契約解除しようにも違約金かかるし、ほんとやること汚い。超発熱するわ、歩いた振動が床を伝わってバッテリーの蓋外れて電源落ちたりで、とんでもなく怖い。あとWiFiではなく携帯の話だけど、iPhoneが不具合で頻繁に圏外になる症状に陥った時に、あーうーショップに行っていますぐ新品と取り替えろって言ったら向こうがすごくごねてきたんで「じゃぁiPhone以外に取り替えてもらえる携帯あります?」って聞いたらファーウェイの出してきよった。「いや、中国のとかありえないんで他の有ります?」って聞いたら、もうなにも出して来なかった。「駄目だこの客」みたいな感じで。情弱をうまいこと言いくるめて顧客増やしてるようじゃだめだよ。柔銀行もそうだけどさ。コスパよりまず、質と客を大事にしてください。まぁそもそもサムスンが席巻してきた時点で日本企業はもうだめなのか・・・って感じしますけどね。
106ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。