• このエントリーをはてなブックマークに追加
上杉隆の「ニッポンの問題点」後編【戸籍制度の限界~差別の温床。ジダンも、アンリも、ロナウドも…。時代は「戸」から「個」へ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上杉隆の「ニッポンの問題点」後編【戸籍制度の限界~差別の温床。ジダンも、アンリも、ロナウドも…。時代は「戸」から「個」へ】

2022-11-29 18:00

    このように、フランスの少子化対策(妊娠出産育児支援)は、日本のそれの

    比ではないとはいえ、なぜ移民を制限したにもかかわらず、人口増に成功し

    たのか。日本との決定的な違いはどこになるのか?疑問を持って日本に戻る

    と、ちょうどそのころ、小泉政権で移民政策(のちの「上げ潮政策」)を打

    ち出していた中川秀直さんと話しているうちにひとつのヒントをもらった。

    戦前からの古い民法が改革を邪魔しているとのことだった。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。