• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 「ニッポンの問題点」【参政党現象】

    2022-06-24 09:00
    385pt

    参政党がアツい、らしい。

    主にネット上での現象だが、「#参政党現象」が参院選の告示日にツイッターのトレンド入りを果たし、その影響は座視できないものになってきている。

    ネットの影響力が相対的に増す中で、果たして参政党は、7月10日の投開票で結果を残せるのか。個人的には参院選の楽しみのひとつである。

    というのも、参政党の出現は、今後の日本の選挙のあり方を占う、ひとつの材料になるといえるからだ。

    少数政党の幹部らは「マスコミは我々を公平に扱わない」というが、自浄作用を失っているメディアに対して何を望んでも無駄だ。約20年間のマスコミ改革の挑戦の中で、それは短い人生において無意味なことだと忠告したい。

    マスコミに注文を付けて貴重な時間を浪費するよりも、政党の目指すべきところは、結果を残すことに尽きるだろう。ここで一議席でも獲得できれば、当のマスコミの対応も変わるにちがいない。「れいわ新選組」や「N

  • 「ニッポンの問題点」【新潟へ~ジャーナリズム最後の旅 その2】

    2022-06-14 12:00
    385pt

    人生とは不思議なものである。いままたその新潟の地で、再びジャーナリズムの仕事を始めることになるとは……。

    小田部長に、取材が行き詰っていることを話すと「新潟日報の情報を出すわけにはいかないが、人間を紹介してやる」と言われ、越後交通幹部や元秘書、さらには『新潟日報』の現場の若い記者たちまでも紹介してくれた(その中には現在の新潟日報社長の佐藤明氏もいた)。彼らとは、ライバル関係にあるはずだったが、貴重なヒントをいくつも教えてくれたものだった。

     
  • 「ニッポンの問題点」【新潟へ~ジャーナリズム最後の旅 その1】

    2022-06-13 19:30
    385pt

    久しぶりに記者会見に臨んだ。新潟県庁の記者クラブで、「にいがた経済新聞」の石塚健社長とともに、編集主幹の就任会見を行なった。

    何を隠そう、新聞社の編集主幹への就任は、若き日の夢のひとつだった。組織ジャーナリズムの頂点、とりわけ新聞の編集トップは、自由な言論を守る砦の役割を果たす重責だと考えていた。

    米ウォーターゲート事件における『ワシントン・ポスト』紙の劇的なスクープでは、ウッドワードやバーンスタインら二人の若き現場の記者に注目が集まった。彼らはスターだった。ジャーナリズム界における圧倒的ヒーローだった。しかし、当時の私は、彼らではなく、老練な編集主幹のブラッドリーの存在に惹かれたものだった。