• このエントリーをはてなブックマークに追加
「ジャリ番」の天才が目指した「作家性」-『竜とそばかすの姫』|山本寛
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ジャリ番」の天才が目指した「作家性」-『竜とそばかすの姫』|山本寛

2021-08-26 07:00
    d74b9e1243959d8013b79549dcd798855f5ee5df
    アニメーション監督の山本寛さんによる、アニメの深奥にある「意志」を浮き彫りにする連載の第23回。
    今回は、今夏公開の細田守監督の劇場最新作『竜とそばかすの姫』について取り上げます。業界が求める「ポストジブリ」の国民的アニメ監督としての期待は、『サマーウォーズ』までは発揮されていた細田監督の作家性を、どのように剪定してしまったのか?

    山本寛 アニメを愛するためのいくつかの方法
    第23回 「ジャリ番」の天才が目指した「作家性」-『竜とそばかすの姫』

    今まで一度だけ、細田守監督に会ったことがある。
    吉祥寺の居酒屋だっただろうか、かなり長時間話をさせてもらった。

    当時僕は『らき☆すた』(2007)を降板させられ、細田監督は『時をかける少女』(2006)のヒットでやっと上昇気流に乗った時期、対照的だった。
    僕は京都アニメーションを辞めようと決意していた。その僕の話を黙って聞いていた細田監督は、こう返してきた。
    「ヤマカンさ、今は我慢して、粛々と目の前の仕事こなした方がいいんじゃない? チャンスはいずれ来るからさ」
    それは以前の細田監督の自分自身を投影していた。彼もそう言っていた記憶がある。
    『ハウルの動く城』でジブリに意気揚々と出向してからの降板劇、東映アニメーションに出戻ってからの燻り、そして退路を断って東映を出てからの『時かけ』の成功。
    経緯は似ていた。

    しかし、僕はそのアドバイスを聞くことなく、京アニを去った。

    さて、今回は彼の最新作『竜とそばかすの姫』(2021)を取り上げる訳だが、僕はあの時の細田監督の言葉が、いろんな意味で頭から離れない。
    その理由を少しずつ詳らかにしてみよう。


    18440fda6b2c0aaf9c3fdd7d6e20524dc04b54a4
    ■PLANETSチャンネルの月額会員になると…
    入会月以降の記事を読むことができるようになります。
    ・PLANETSチャンネルの生放送動画アーカイブが視聴できます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    【社内デバック用:有9-3★過去記事なので、入会と都度を表示】
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    Daily PLANETS
    更新頻度: 毎平日朝7:00
    最終更新日:2021-10-25 07:00
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。