• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー【第202号】不登校の「最大の効能」とは何か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー【第202号】不登校の「最大の効能」とは何か?

2018-09-03 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第202号 2018/9/3

    不登校の「最大の効能」とは何か?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    僕が学校を大嫌いになったのは、中学の時の「ある体育教師」のせいだった。


    体育大を出たばかりのマッチョなその男性教師は、授業中「王様」の様に振る舞い「できるやつ」を贔屓して、「できないやつ」をみんなの前で笑い者にしていた。


    少し太めの男子生徒に「何食ったらそんな体になれんだ?」とか平気で言うのだ。


    彼を嫌いになった決定的出来事は、多くの人の心に「生涯消えない傷」を追わせる「あれ」をやっていたことだ。


    「あれ」とは、言わずと知れた「できるやつ」が自分のチームに欲しい人を1人づつ選ぶ、という恐ろしい「あれ」の事だ。


    数名の「できるやつ」が「お前はいらねえ」「お前は来い」とかやるやつだ。


    そして最後には半泣きの「いらないやつ」数人が残る。

    「できるやつ」は「お前の方がましかもな」と選別し、最後はクラスで1番「いらないやつ」が決まる。


    今の僕がこの現場にいたら、真っ先に「それ」をやらせている教師に「いらないのはお前だ」と言うだろう。


    この残酷な現場をニヤニヤと見ていた「あの時の体育教師の顔」は忘れない。



    僕はその教師と何かと言えば対立し、卒業式ではずっとそのデリカシーのない顔を睨んでいた。



    高校へ行くと学校のすべての質が下がっていた。

    「荒れるバカ高校」だったので、注意すると「即切れ」するシンナージャンキーの生徒がフラフラしている様な学校で、教師達はその状況をコントロールできなかった。


    「おいおい」「だめだぞ」とか言って、おしまいなのだ。


    学校行事について「これは何でやるんですか?」と聞いてもまともに答えられない。



    30026bd188fe18a9d68c3e8544a4931cb5f7ee71

    すっかりバカらしくなって僕は一切の行事に参加するのをやめた。

    授業も聞かず、制服も止めて私服で登校した。

    自作漫画と自主アニメの発表のために文化祭だけは出た。


    すると今度は「体育祭に出ない玲司はずるい」と言ってくるやつが現れる。

    出たくなかったら自分も出なければいいのに、その勇気がない、というクズ野郎だ。



    そんなわけで、僕は「不登校の人」を「勇気ある人」だと思っている。



    しかし、この話には大きな問題がある。


    それは、世の中には「学校が楽しかった」という大人が沢山いる、という事だ。

    その中には「素晴らしい先生に出会い、多くを学んで大人になりました」という人もいる。


    学校で私は「かけがえのない友人」と出会い、最高の思い出と、今に至る絆が生まれたのです。


    なんて人もいる。


    学校がまともに機能していた地域と時代に「その環境に合った自分」でいられた幸運な人達だ。


    今でも一部の人達は、部活に燃えてたりして、それなりに学校で成長したりもしていると思う。


    僕はその人達に関しては全く否定しない。



    問題は学校の多くが「かつてのもの」ではない、という現実だ。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。