• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

負けることに慣れた組織……国際プロレス崩壊直前を私は見た■ズンドコ・トラブル興行研究会<小泉悦次・編>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

負けることに慣れた組織……国際プロレス崩壊直前を私は見た■ズンドコ・トラブル興行研究会<小泉悦次・編>

2017-05-09 14:38
    ズンドコ・トラブル興行研究会――プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回は昭和プロレス研究家の小泉悦次さんによる「崩壊直前の国際プロレス!」


    <関連記事>
    ■ダフ屋と興行師の哀歌!! 岩手水沢騒動
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1216955

    ■マンモス鈴木鉄拳制裁から見える力道山のセンスと狂気
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1242627





    40歳代半ば以上の方は、佐々木信也さんというスポーツキャスターを覚えておられると思います。昭和の末期まで毎晩「プロ野球ニュース」に出ておられた方です。

    佐々木さんは元プロ野球選手で、最初に入団されたティームは高橋ユニオンズでした。ユニオンズは1954年から56年までパリーグに加盟していましたが、大映スターズに吸収合併されました。スターズは現在の千葉ロッテマリーンズの系譜に属します。

    佐々木さんによると、ユニオンズはサヨナラエラーを犯しても誰も責めず、ベンチに戻る時もミスをした選手の肩を抱えてあげる、そんな雰囲気だったそうです。当時は「ああ、なんていいチームなんだ」と思ったそうですが後年は「そんなユニオンズだから弱かったんだろう」と振り返っておられます。観客動員力も弱く、観客が30人に満たないこともあったといいます。

    高橋ユニオンズから連想してしまうのが国際プロレスです。



    この続きと、船木誠勝とUWF、骨法、RIZIN反省会、原理主義者対談、アンダーテイカー、亀田1000万円…など20本以上の記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 


    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。