• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

新日本で「金返せ」コールが初めて起こった日…■ズンドコ・トラブル興行研究会<小泉悦次・編>
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新日本で「金返せ」コールが初めて起こった日…■ズンドコ・トラブル興行研究会<小泉悦次・編>

2017-07-12 17:44
    ズンドコ・トラブル興行研究会――プロレス格闘技のウラに精通する書き手たちがマット界を騒がせたズンドコな事件を振り返ります! 今回は昭和プロレス研究家の小泉悦次さんによる「新日本で金返せコールが初めて起こった日…」です!



    <非会員でも購入できる関連記事>

    ■ディック・ザ・ブル&クラ・リソワスキー金網逃亡事件
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1280794

    ■ダフ屋と興行師の哀歌!! 岩手水沢騒動
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1216955

    ■マンモス鈴木鉄拳制裁から見える力道山のセンスと狂気
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1242627

    ■負けることに慣れた組織……国際プロレス崩壊直前を私は見た
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1263308





    私は「金返せ」コールは嫌いだ。試合の内容に不満があっても、金を払った分だけ見て帰るのがプロのファンというものではないか?(村松友視)

    1980年、『私、プロレスの味方です』でプロレス文壇に颯爽とデビューされた村松友視氏が「金返せコール批判」を始めたのは82年の春頃でした。思い当たるふしがあるんです。82年の元日に東京・後楽園ホールで行われた新日本プロレスの興行では一部ファンから「金返せ」コールが起きていました。そして村松氏もこの日いらしていたらしいのです。ちなみにそれまで、新日本で「金返せ」コールは、私の知るかぎりありませんでした。つまり、初めての「金返せ」コールです。





    この続きと、桜庭和志殿堂入り、朱里UFC、破壊王伝説、大矢剛功、メイウェザーvsマクレガー特集…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。