• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2017-11-10 12:06
  • 1
  • 1

アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える新連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます!



<前回の記事はコチラ>
知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1357571




「アリガトウ!」「モーロシマ!モーロシマ!」
アメリカ第3の団体ROH(リング・オブ・オナー)のリングには時折、日本語の声援が飛ぶ光景が見られるようになっていた。

2004年4月、設立3年目にして団体存亡の危機に陥ってしまったROHは、創設者ロブ・ファインスタインに替わって新オーナーに就任したキャリー・シルキン氏や、ブッカーのゲイブ・サポルスキー(現EVOLVEオーナー)らのもとで再出発を図ることになるが、今回はその新生ROHの一端を担うことになった日本人レスラーを紹介しよう。

2007年シカゴ――観客たちからは「モーロシマ!モーロシマ!」の声援が飛んでいた。ROH世界王者に君臨した唯一の日本人、森嶋猛は現地のファンからは「モロシマ」と呼ばれていた。

森嶋は2007年2月17日、実力者ホミサイドの持つ王座に挑戦するや、大方の予想を裏切り、必殺のバックドロップで王座奪取。同年10月6日にナイジェル・マッギネスに敗れるまで、なんと20回の防衛を重ねていた。

この年の森嶋のアメリカでの活躍ぶりは、高い評価を得ており、『レスリング・オブザーバー・アワード』の年間最高試合賞(8・25ニューヨーク、vsブライアン・ダニエルソン)と、ベスト・ブローラー賞を受賞している。実力が認められた森嶋への「モーロシマ!」コールは、現地で観戦していた私には想像以上のものだった。

森嶋が所属していたNOAHとROHは協力関係を結んでいた。NOAHの司令塔だった仲田龍氏との関係は強固なものだったようで、2014年2月に仲田氏が亡くなられた際には、ROHの会場で追悼の10カウントゴングが鳴らされたことは、日本ではほとんど知られていない。その翌日、ROHが日本での新たなパートナーに新日本プロレスを選び、合同興行開催を発表したのは偶然だったにしても、奇妙な運命を感じてしまう。



この続きと、近藤有己、馳浩、金原弘光重病、デストロイヤー、仮面女子、藤田和之、クリス・ジェリコの記事まとめて読める「14万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
ここで紹介された試合が収録されているDVDがまだフリーバーズさんで買えるのならリンクを張ってほしいけど、もう難しいかな・・・。
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。