• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2017-12-01 00:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます!


    <関連記事>
    ・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー





    リングの上でその男は、雄叫びをあげて泣いた――。
    7年前の夏、異国の地ロサンゼルス。もしその時、そこにいなければ、“彼”はWWEに行くこともなく、今もまだ日本にいたのかもしれない。

    2010年9月6日、ロサンゼルス・レシーダにあるPWG(Pro Wrestling Guerrilla プロ・レスリング・ゲリラ)の会場では、同団体、というよりアメリカインディー界のNo.1を決めるトーナメント大会「バトル・オブ・ロサンゼルスBattle Of Los Angels(BOLA)」の2日目が開催されていた。“彼”は、前日の1回戦でエル・ジェネリコ(サミ・ゼイン)を破り、この日の2回戦では、クリス・ヒーロー(カシアス・オーノ)と対戦することになった。

    “彼”は5月からアメリカでの武者修行を始めたものの、PWG以外でブッキングされることはほとんどなく、日本にいたときは月の半数近くあった試合数は、わずか数試合ほどまでに激減していた。

    愛嬌あるキャラクターもあってか、PWGファンからの反応は良かったものの、アメリカまで修行に来ている“彼”には何か物足りない思いが溜まっていたのだろう。このヒーロー戦では、その鬱積した感情を吐き出すかのように、巨体のヒーローを相手にしても、一歩も引かず、体格差を物ともしない激しい試合になった。敗れはしたが、観客はスタンディングオベーションで、健闘を讃えた。抑えきれないものがこみ上げてきたのか、リング上で涙を流した。

    この試合は業界内での評判も高かったようで、以降、PWG以外にも参戦する機会が増え、アメリカでの知名度も、よりいっそう広がることとなった。このPWGでの試合があったからこそ、その“彼”――WWEスーパースター、アキラ・トザワが生まれたと言うのは言い過ぎだろうか。


    戸澤陽がブレイクするきっかけを作ったPWGは、2003年に南カリフォルニアで活動している6人のプロレスラー有志によって作られたプロモーションである。


    この続きと、村浜武洋、日馬富士、ヤマモ騒動、佐々木健介、ジェリコvsケニー、『プライド』解説の記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。