• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-01-01 00:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは、カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落です!




    <関連記事>

    ・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

    ・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー

    ・あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!




    2005年7月11日、アメリカ国境に隣接するカナダ・ケベック州の小さな町ヘミングフォードで、16歳少女の捜索願いが出された。警察は、その2週間後の26日に、カート・ローダー(当時23歳)という一人の男性を第一級殺人容疑で逮捕した。

    身長195センチ、体重136キロの恵まれた体格を持ち、日本のプロレスが大好きで、友人が旅行で日本へ行くと言うと、ゼロワンのTシャツをぜひ買ってきて欲しいと懇願し、100ドルを渡すほどだった。そんな彼は、モントリオールの英雄一家と言われるルージョー家のジャック・ルージョー・レスリング・スクールの出身者であり、モントリオールのインディ団体IWS(International Wrestling Syndicate インターナショナル・レスリング・シンジケート)に参戦しているカート・ローダーデールというプロレスラーだった。優しげな顔からは想像もつかない"The Career Killer"が、彼のニックネームであった。

    少女が行方不明になる2日前、IWSは、米フィラデルフィアにあるハードコアの聖地ECWアリーナで、「Freedom To Fight 」と冠したアメリカ初進出大会を開催していた。カートは第5試合に出場し、グリーン・ファントムと対戦した。翌日、皆と行動を別にし、カナダの自宅へと戻った彼は、北米プロレス史に残る残酷な犯罪を犯してしまった。同居している両親にすぐさま、地下の自室で少女を殺してしまったことを告白した。体は大きいが大人しくて優しい息子だった。たとえいけないこととはわかっていても、両親は我が子を殺人犯にはしたくなかった。3人は必死で考え、遺体をバラバラにして遺棄することにした。切断した遺体をホッケーバッグに詰めて、郊外の森まで運んで埋めた。そして彼らは通常の生活に戻った。

    カートは犯行後、何もなかったかのように、15日にMWFというモントリオール郊外の団体に出場。23日にはIWSのメインイベントの4WAY王座戦に出て、その3日後の26日に逮捕された。もちろん、父親と母親も事件に関与したとして一緒に逮捕された。IWSの選手達はまさかあの優しいカートがそんな酷い事件を起こしたなどとは知る由もなく、いつもどおりにプロレスをしていたのだった。


    この続きと、安田忠夫、RIZIN特集、ジェリコvsケニー、長州激怒、ローデス親子、ミゼットの現在などの記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。