• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-02-01 00:00
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは、デスマッチ仁義なき戦いに警察も出動! GCWシュート事件とは何か?




    <関連記事>


    ・カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落

    ・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

    ・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー

    ・あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!




    つい最近まで「アメリカのデスマッチと言えば?」と問われれば、ウルトラバイオレントを標榜し、大日本プロレスで大暴れしていたCZW(Combat Zone Wrestling)を迷わず思い浮かべる方が多かったであろう。

    しかし、一昨年あたりから敏感な米インディーマニアたちのあいだでは「CZWよりもヤバい!」と噂になってる団体がある。それがこちらのコラムでもニック・ゲイジやシュラックの記事の中でたびたび登場している『GCW (Game Changer Wrestling ゲーム・チェンジャー・レスリング)』だ。GCW は“アメリカンデスマッチ界の新顔”と言っていいであろう。

    993048b886fe647b82e81b39bef8a579eb37f8be

    前身のJCW(Jersey Championship Wrestling)から名前を変えた当初は、スタイナー兄弟やジム・デュガン、シェーン・ダグラス、ギャングレル、リキシなどのレジェンド系レスラーが参戦する“デスマッチではない”プロレスをしていたGCW。2016年6月に、引退していた元CZWのザンディグを引っ張り出し、ザンディグの名前を冠したデスマッチトーナメント「Tournament Of Survival」を開催してからは、団体の方向性をデスマッチ路線にシフトチェンジ。CZWが最も狂っていた、2000年代前半を彷彿させる“過激なデスマッチ”で現在人気を博している。

    過激で勢いに乗っているGCWは、昨年末にライバル団体のCZWにある“仕掛け”をして、警察沙汰の騒ぎを起こした。

    毎年12月に、CZWが一年の総決算的大会として開催している『Cage Of Death ケージ・オブ・デス』という大会がある。GCWはそこに乗り込み、CZWと米デスマッチ界の雌雄を決める抗争を展開するアングルを考えた。GCW側からのその提案に、一度は興味を示したCZWのオーナーDJハイドだったが、大会前日になって「その案は受けられない」と断り、この話はなかったことになった。


    この続きと、RIZINと競技、ロイヤルランブル総括、安田忠夫・新日編、田上明、K-1崩壊などの記事がまとめて読める「13万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。