• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

“新・入れ墨モンスター”シュラックのデスマッチ・メタルに震えろ■アメプロインディ通信「フリーバーズ」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“新・入れ墨モンスター”シュラックのデスマッチ・メタルに震えろ■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

2018-01-14 12:48
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは、“新・入れ墨モンスター”シュラックのデスマッチ・メタルに震えろ!!




    <関連記事>

    ・カナダの狂乱のハードコア団体『IWS』――人生の栄光と転落

    ・アメリカのデスマッチキングは銀行強盗犯…ニック・ゲイジの最狂人生

    ・知ってるようで知らないアメリカ第3の団体ROH

    ・アメリカ第3の団体ROHを変えた2人の日本人プロレスラー

    ・あの日本人もここからWWEに? 時代の最先端を走る「PWG」!!



    d83f367582638909b862912130251e3ff6472b52


    フィラデルフィアのタトゥーショップ『ブラック・バルチャー・ギャラリー』で、現在、彫り師(タトゥーアーティスト)として活動しているある男がいる。彫り師歴は20年にも及び、日本の伝説の和彫り師、三代目彫よしと会うのが夢だと、私に教えてくれた。

    同じくこのフィラデルフィアに、バンドのメンバーが流血しながら演奏するウルトラバイオレントなデスメタルバンドが存在することをご存知だろうか。プロレスラーが乱入したり、凶器でお互いを殴り合う“デスマッチ・メタル”とでも言うべき演奏形態を得意とする『EAT THE TURNBUCKLE (イート・ザ・ターンバックル)』だ。

    そんな過激さゆえに、イギリスツアーを決行中、スコットランド・グラスゴー公演が、地元保守系政治家から「あまりにも暴力的すぎて危険だ」という理由で圧力がかかり、公演中止となってしまった。

    そんな我々にとっては愛すべきバンドで、ギターを担当しているのが、“新・入れ墨モンスター”の異名を持ち、プロレスラーとしても活躍中のSHLAK(シュラック)だ。そう、先ほど紹介した彫り師の男である。彫り師、ミュージシャン、プロレスラーと、三足のわらじを履き、「アイツは何者だ!」とばかりに、日本の米インディーマニアにもじわりじわりと名前が浸透しつつある彼に、今回あれこれと質問をぶつけてみた。

    シュラック所属のメタルバンド『イート・ザ・ターンバックル』は、ドイツで開催された世界最大級のメタルフェス「Wacken Open Air (ヴァッケン・オープン・エア)2016」に出演。また、チェコ共和国で行われる過激なことで有名な「Obscene Extreme Festival (オブセンス・エクストリーム ・フェスティバル)2016」では、ステージ上にプロレスのリングを組み、有刺鉄線や蛍光灯、竹串攻撃などで流血しながら演奏するという破茶滅茶なステージングを見せつけ、狂っている観客たちをより狂わせた実績を持っている。



    この続きと、安田忠夫、RIZIN特集、ジェリコvsケニー、長州激怒、ローデス親子、ミゼットの現在などの記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2018/04/20
      ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう■斎藤文彦INTERVIEWS
    • 2018/04/20
      米国で話題沸騰、アンドレ・ザ・ジャイアントのドキュメンタリー番組 「1日でもいいから普通の大きさになりたい」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。