• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

米国で話題沸騰、アンドレ・ザ・ジャイアントのドキュメンタリー番組 「1日でもいいから普通の大きさになりたい」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

米国で話題沸騰、アンドレ・ザ・ジャイアントのドキュメンタリー番組 「1日でもいいから普通の大きさになりたい」

2018-04-20 08:00
  • 1
  • 2
6034124658d1808c99c5a583bb17c6667650225f
Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは……

米国で話題沸騰、アンドレ・ザ・ジャイアントのドキュメンタリー番組
「1日でもいいから普通の大きさになって、普通の車に乗って、映画を見に行きたい」




<MMA Unleashedオススメコラム>

■【衝撃レポート】ジョシュ・バーネットはいかにして、薬物検査失格の疑いを晴らしたのか

■ミルコ・クロコップ、USADA無視のベラトール強行参戦は是か非か

■「まだUFCなんか気にしているの?」米メディアに渦巻くUFC悲観論まとめ


■米国人記者が語るイッテンヨン東京ドーム

■地球上最強男スティペ・ミオシッチは、それでも時給14ドルで消防署で働く




米国のプロレスニュースサイトで最近の大きな話題に、米ケーブル局HBOで85分間のドキュメンタリー作品『アンドレ・ザ・ジャイアント』が放映されたことがある(4月10日放送)。スポーツ・ドキュメンタリーで秀作の多いHBOでも、なかなかWWEの協力や映像提供を得ることができず、これまで制作したくてもできなかったという、念願の一作だ。

Andre The Giant Official Trailer (2018) | HBO
https://www.youtube.com/watch?v=f_jTeuajas0

アンドレが亡くなってもう25年もたつので、中にはアンドレのことをよく知らない、あるいは名前くらいは聞いたことがあっても、実際に戦う姿は見たことがない、という読者も少なくないかもしれない。米国では「世界第8の不思議」と呼ばれ、日本では古舘伊知郎アナウンサーが「大巨人」「人間山脈」「1人民族大移動」「ガリバーシンドローム」「太平洋をひとまたぎ」などとさまざまに称したこの選手は、要するに桁違いの大男であった。ブロック・レスナーやビッグ・ショーと比べても完全に一回りも二回りも大きく、ジャイアント馬場と並んでも身長はともかく身体のボリュームは圧倒的だった。アンドレの入場花道にファンが群がってもみくちゃにしても、アンドレの胸から上は常に天空に抜きん出ているといった具合だったのだ。これだけデカければ弱いわけがないと考えざるを得ない説得力で、世界中のマットで活躍した。

例え話や思い出話ではなく、データとしてアンドレの身長と体重はどうだったのかと問われると、実はたったこれだけのことが諸説紛々で話がまとまらない。今回のドキュメンタリー番組でも、このあたりの検証から番組をスタートしている。

e44f08af2ac83c48073a6b360315bc647da6a62d

アンドレは12歳の頃にはすでに大巨人サッカー選手だったという伝説がある。しかしこの番組で親族が語ったところでは、15歳頃までは普通サイズの子どもだったところ、16~17歳頃にかけて、母親が取り乱すほどの急成長を遂げたのだという。19歳の頃フランスで、ジャン・フェレーとしてプロレスデビューした際の写真から、その姿は目分量で身長6フィート10インチ(約208センチ)程度に見える。その2年後には、アンドレは「身長208 cm、体重308パウンド(140 kg)」だとコールされている。


この続きと、朝日昇、アンドレ特番、宮戸優光×中井祐樹、レッスルマニア、安田忠夫、RIZINジャッジ対談などの記事がまとめて読める「15万字・19本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
 

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
いい記事でした。ありがとう。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。